「どういたしまして」の定番、「prego プレーゴ」

イタリア語で「ありがとう」は「grazie グラッツィエ」でしたね。それに応じるための定番中の定番の表現といえば、「prego プレーゴ」。これは、使える場面が幅広い、とても便利な表現です。「どういたしまして」という意味のほかにも、家へ招いたお客さんに玄関口で「さあどうぞお入りください」と促すとき、家のなかで椅子をすすめて「どうぞおかけください」と言うときにも使えます。使われる場面での共通項を拾っていけば、「どうぞ、どうぞ」「そうしてくださったら何よりです」、あたりが中心的なニュアンスと言えるでしょう。


発音のポイント/ないはずの母音を入れずに「pr」を発音

イタリア語は「ほぼローマ字読み」で発音できるから楽なはずなのですが、ところどころ難所があります。その一つが、「prego」の「pr」を言うときのように、「母音が入っていないところに母音を差し挟まずに発音する」ことです。日本語を母語とする私たちは、「prego」と発音しているつもりでも、「purego」のように母音を入れて言いがちです。それを避ける練習として、こういうのはどうでしょうか。

delfino

シチリア州都パレルモの路上で雨に打たれる、金魚ならぬイルカ。空気が抜けすぎていてさびしい。

まず、「あなたは金魚鉢のなかにいる金魚」であると仮定して、無心に水面近くを泳いでいるつもりで、ひたすら口を「ぱくぱく」します。これは、口の筋肉を動かす準備運動。次に、あなたは「なぜかおなかがいっぱいで、水面に浮かんでいる、投げ入れられたエサがじゃまくさい」とします。そこでエサを口から吐き出すシャープな呼気でよけます。「プップップップップ」。このとき、「pu」のように母音uを入れると吐き出す息の勢いが弱く、uを付けずに「p」だけ言うと勢いが増します(口の前に手を当てれば、勢いの違いがよくわかります)。その勢いにのったまま、軽い巻き舌で「re」と続けると、イタリア語らしい「prego」になる……はず。

とはいえ、ないはずの母音が少々入ろうが、「ありがとう」「どういたしまして」という言葉のやりとりでは必ず伝わるはずですから、あまり気にしなくても大丈夫です。