風邪ウイルスによる結膜炎の特徴・症状

風邪

風邪と併発するウイルス性結膜炎。結膜炎の症状としては比較的経度のことが多いです

「風邪ウイルス」というのは正式な呼び方ではありませんが、わかりやすいように、ここではそのように呼ばせてください。

風邪の合併症として結膜炎が起こる場合が多々あります。風邪ウイルスは結膜炎ウイルスと似た性質を持っているため、風邪を引いたときに風邪ウイルスが目にまわると結膜炎が起こってしまうのです。

この結膜炎では、結膜炎症状は一般的に強くはありません。風邪をひいた後、目の調子がなんとなく悪いとか、目が疲れやすいとか、目が充血するとか、ものすごく多くはないけれども、いつもより目やにが出る、などと言われる患者さんが多いです。

風邪ウイルスによる結膜炎の治療法・予防法

治療に関してですが、軽度の場合は特別な治療は行わず、自然治癒を待ちます。不快な症状を感じる場合は、症状を軽減するために、細菌の混合感染予防に抗生剤の点眼を出したり(抗生剤はウイルスには効かないので、直接の治療効果はありませんが)、炎症を抑えるステロイドや非ステロイド系抗炎症剤の点眼を処方しています。

予防に関しては、原病である風邪の感染予防と同じです。すなわち、みなさんご存じのとおり、マスク着用、うがい、手洗い、風邪の人となるだけ接触しない、などでしょう。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項