標準モジュールの探し方

先ほど試したように、誰かが作っておいてくれた便利なモジュールも、プログラムにその名前を明記しないと使えませんでしたね。つまり、モジュールの存在と、そのモジュールではどのようなサブルーチンが定義されているかを知っていなければなりません。ここは知識が必要になる点です。

何かしようとした時に、そのための標準モジュールがあるかどうかを調べるにはどうしたらいいでしょうか?

一番手っ取り早いのは、「人に聞く」です。近くに先輩 Perl プログラマがいれば、その人に聞くのが一番早いでしょう。Perl プログラマは大体において親切なので、機嫌が悪く無ければ教えてくれる筈です。
Perl プログラマは一般的に言って親切です

Perl プログラマは一般的に言って親切です


残念ながら先輩の機嫌が悪そうな時や、近くにそういう人がいない場合は自分で調べましょう。
よく使う標準モジュールの数はそんなに多く無いので、時間のある時にモジュールのドキュメント(プログラムに添付されている説明書)を読んでおくのもおすすめです。

モジュールのドキュメントを読む方法

標準モジュールのドキュメントも、実は Perl をインストールした時に一緒にインストールされています。以下のコマンドで表示できます。

モジュールのドキュメントを表示するコマンド
% perldoc (モジュール名) (エンター)
File::Basename モジュールのドキュメントを読みたいときは、以下のように打ち込んで下さい。
% perldoc File::Basename (エンター)
よく使う標準モジュールを以下に挙げておきますので、気になるものがあったら、ざっと眺めてみて下さい。
File::Basename  ファイル名やディレクトリ名を取り出す
File::Copy      ファイルをコピーする
File::Path      多階層のディレクトリを作成・削除
Getopt::Std     プログラムで引数を受け取る
Net::FTP        Perl プログラムからFTPする
Data::Dumper    デバッグ用の出力をする
なお、perldoc コマンドで表示されたページをめくる場合はスペースバーを押して下さい。

>次は:インストールされている標準モジュールを調べる方法