開発用Webサーバとは

PerlでCGIなどのWebプログラミングをする場合は、書いたプログラムをWebサーバにいきなりアップロードしてテストするのではなく、まず自分専用のWebサイトでテストしてから公開しているWebサーバにアップロードします。このテスト用Webサイトの事を「開発環境」と呼びますが、この開発環境をパソコン内に設定する方法を、WindowsとMacに分けて説明します。

Webサーバのスタンダード、Apache

Webサーバも一つのソフトウェアなので、色々な種類があります。一番メジャーなWebサーバは「Apache(あぱっち)」という名前のもので、WindowsでもMacでも動きます。Macには、実はApacheがデフォルトでインストールされています。

この記事ではこのApacheをPerlでのWeb開発環境用に設定する方法をご紹介します。

WindowsにApacheをインストールする方法

(Macでの設定方法にジャンプ)

Windows開発環境にApacheをインストールする手順

WindowsへのApache Webサーバの設定は以下の手順で行います。

  1. Apache Webサーバをダウンロード
  2. インストール
  3. CGI用に設定ファイルの変更

Apache Webサーバのダウンロード

Apache Webサーバサイトトップ

Apache Webサーバサイトからダウンロードのリンクを選択

まずはApacheのサイトからファイルをダウンロードします。http://httpd.apache.org/ にアクセスして下さい。
左メニューの「Download!」の下に「From a Mirror」というリンクがありますのでクリックして下さい。

 
Apache Webサーバダウンロードページ

バージョン 2.2.x を選択



Apacheのバージョンは、この原稿執筆時現在では2.4.x まで出ていますが、まだレンタルサーバなどでは2.2.xが主流ですので2.2をダウンロードしましょう。バージョン番号「2.2.x」 (※) をクリックすると、ページ内の下の方に移動します。

※この記事執筆時点では 2.2.25

 
Apache Webサーバダウンロードページ(msiファイルの選択)

msi ファイルを選択

「Win32 Binary including OpenSSL 0.9.8y (MSI Installer) httpd-2.2.x-win32-x86-openssl-0.9.8y.msi」というものを選んでダウンロードして下さい。

 


>次は: Apacheのインストール