ディレクトリセキュリティの設定

Windowsのバージョンにもよりますが、デフォルトのままだとWebコンテンツ用のディレクトリ(フォルダ)などに書き込みができない事があります。このため、関連のディレクトリに自分に対しての書き込み権限を設定して下さい。

設定対象は以下の2つのディレクトリです。
  • C:Program FilesApache Software FoundationApache2.2htdocs
  • C:Program FilesApache Software FoundationApache2.2conf
Windowsディレクトリのプロパティパネル

Windowsディレクトリのプロパティパネル

エクスプローラで以下のディレクトリまでたどり、右クリックから「プロパティ」パネルを開き、「セキュリティ」タブにある「詳細設定」ボタンを押して下さい。
  • C:Program FilesApache Software FoundationApache2.2htdocs

 

Windowsディレクトリのセキュリティ設定「アクセス許可の設定」

Windowsディレクトリのセキュリティ設定「アクセス許可の設定」


「セキュリティの詳細設定」のパネルが開きますので、「アクセス許可の変更」をクリックして下さい。

 

Windowsディレクトリのセキュリティ設定「追加」

Windowsディレクトリのセキュリティ設定「追加」


するともう一度似たパネルが開きますので、今度は「追加」をクリックして下さい。

 

ディレクトリセキュリティの設定の追加

ディレクトリセキュリティの設定を追加するユーザとして自分の名前を入力


「ユーザ または グループ の選択」というパネルが出ますので、ここに、自分がログインで使用しているユーザ名を入力し、「名前の確認」をクリックして下さい。

 

ディレクトリセキュリティの追加設定

名前が確認できたら「OK」


確認ボタンを押した後、再度名前が表示されたら「OK」をクリックして下さい。

 

「フルコントロール」の設定

自分に「フルコントロール」権限を与える


すると「アクセス許可エントリ」というパネルが表示されますので、「フルコントロール」にチェックを入れて「OK」をクリックして下さい。

 


あとは開いたパネルをすべて「OK」を押しながら閉じて下さい。

その後同じ変更を、以下のディレクトリに対しても行って下さい。
  • C:Program FilesApache Software FoundationApache2.2conf

>次は: CGI用の環境設定