前編・モノトーンコーデ

モノトーンコーデ

Fashion Press - Photo: Koji Shimamura

ストリートスナップといえば、海外の女性のファッションの紹介が主流。しかし、日本女性の体系やスタイルとは全く違うためそのまま真似るのが難しいことも。そこで今回は、東京で見つけたお洒落の秘訣を前編・後編に分けてお伝えしていきます。

今回の特集・前編はモノトーンコーデについて。黒や白のコーディネートは無難にまとまりがちですが、バッグや靴といった小物のアレンジ次第ではお洒落度がアップします。

黒×黒の上級者テクニック

ストスナ

黒×黒のコーディネート/Fashion Press - Photo: Koji Shimamura

シックな黒のトップスはZARA(ザラ)。そこに、チェーンの持ち手とスタッズを効かせたバッグを合わせたコーディネート。

バッグ

スタッズを効かせたバッグ/Fashion Press - Photo: Koji Shimamura

全身黒のコーディネートでは、全く違う色のバッグを合わせたくなりがちですが、ここであえて黒いバッグにチャレンジ。黒×黒のコーディネートでは、バッグや靴がポイントになります。地味すぎるとブラックフォーマルな印象になってしまいますが、チェーンやスタッズできらめきを加えたコーディネートならば、見た目も華やかになります。

シューズ

露出感のあるサンダル/Fashion Press - Photo: Koji Shimamura

さらに、足元には露出感のあるデザインを選ぶとGood。肌色と黒のコントラストによって、足首をほっそり見せることができます。

カジュアルに黒を取入れる

ヴィヴィアンウエストウッド

カジュアルコーデ/Fashion Press - Photo: Koji Shimamura

黒は、礼服に代表されるように最も格式の高い色の一つ。そのため、どんなにカジュアルダウンしても、大人っぽくフォーマルな印象になりがちです。

今日は少しカジュアルにまとめたいな、という場合には、バッグとシューズをラフなスタイルにします。

ヴィヴィアンウエストウッドバッグ

ヴィヴィアンウエストウッドのバッグ/Fashion Press - Photo: Koji Shimamura

こちらは、Vivienne Westwood(ヴィヴィアン ウエストウッド)のバッグ。デニム調の生地とくったりしたデザインで、飾りすぎないカジュアルスタイルの完成です。