商店街が家の近くにあると、毎日の生活がとても便利になります。大型スーパーが近くにあればそれで十分だと思う人もいるでしょうが、個性的なお店が連なる賑やかな商店街は、歩いているだけでも楽しくなります。スーパーでは味わえない独特な雰囲気もあるでしょう。

武蔵小山パルム商店街

平日でも賑やかな武蔵小山パルム商店街(東京都品川区)


商店街そのものが観光地のようになり、地元以外から多くの客を集めているような例もあります。人が集まることで利便性が増し、街の活性化にもつながります。

吉祥寺サンロード商店街

地元客以外も多い吉祥寺サンロード商店街(東京都武蔵野市)

巣鴨地蔵通り商店街

「おばあちゃんの原宿」として有名な巣鴨地蔵通り商店街(東京都豊島区)


商店街によって作られたイメージが、そのまま住宅地の人気へとつながることもあるでしょう。おしゃれな雰囲気のお店が多い自由が丘は、「住みたい街ランキング」のような調査で、いつも上位にランクインしています。

自由が丘商店街

おしゃれなお店も多い自由が丘商店街(東京都目黒区)


もちろん、ひとくちに「商店街」と言ってもその規模やお店の種類は千差万別です。商店街の規模がそれなりに大きければ何でも揃うでしょうが、規模が小さめで特定の業種に片寄っているような例もあります。「○○商店街」と名前が付いていても、実際には数えるほどしかお店がないこともあるでしょう。家探しに合わせて近くの商店街を確認するときには、「何があるか」よりも「何がないか」といった視点で見るほうが良いかもしれません。

洪福寺松原商店街

「横浜のアメ横」と呼ばれる洪福寺松原商店街(横浜市保土ヶ谷区)

亀有銀座商店街ゆうろーど

下町の雰囲気が残る亀有銀座商店街ゆうろーど(東京都葛飾区)


お店の種類と同時に、その商店街の特徴もしっかりと感じ取っておきたいものです。古くからある商店街には独特な雰囲気があるほか、他ではなかなか見かけないようなお店が営業していることもあります。商店街振興のためにどんな取り組みが行なわれているのかを知ることで、街の住みやすさを感じられる場合もあるでしょう。

六角橋商店街

狭い通路の「仲見世通り」がある六角橋商店街(横浜市神奈川区)

六角橋商店街

商店街の活性化のためさまざまな催しも行なわれている


その一方で、全国的に商店街の衰退も大きな社会問題となっています。東京など大都市でも例外ではなく、大半のお店が廃業した「シャッター商店街」が区部にも現れ始めています。不動産広告や営業担当者の説明で「物件の近くに商店街があるから便利」と言われても、それを鵜呑みにせず自分の目でしっかりと確かめてみることが大切です。

シャッター商店街

シャッター商店街は東京区部にも現れ始めている


活気が失われた商店街では、夜7時頃になると大半の店が閉まってしまう場合や、多くの店が日曜・祝日定休になっている場合などもあります。家の近くに商店街があっても、共働き夫婦にはほとんど利用する機会がないこともあるのです。

シャッター商店街

日曜日には人通りが途絶えてしまう商店街も


購入しようとする物件の近くに商店街があれば良い、というわけではありません。自分たちが必要とするお店が揃っていることと同時に、自分たちが利用する曜日や時間帯にそのお店が営業していることが大事ですね。


関連記事

不動産売買お役立ち記事 INDEX


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。