11型でもキーピッチは17mmを確保


説明画像

11型クラスとしては広めのキーピッチ。初めてでもスムーズにタイピングできた。

モバイルノートを使う上で気になるのが、キーボードやタッチパッドなどの使い勝手です。実際に触れる部分だけに、キーボード周りの実用性は非常に重要だと言えます。

VAIO Proでは、従来モデルと同様のアイソレーションキーボードを採用しています。11型クラスはキーピッチ約17mm、キーストロークは1.4mmです。実際にタイピングして見ると、打鍵感は強め。キーの戻しが強いため、ストロークは実際よりも深く感じました。キーボード部のたわみはそれほど気になりませんでした。



説明画像

13型はメインユースとしても余裕で使えるフルサイズキーボードを採用。ともにキーボードバックライトも装備している。

13型はキーピッチ19mmとフルサイズを確保。11型と同じキーストロークは1.4mmです。打鍵感はしっかりしていますが、11型ほど返しは強いと感じませんでした。

フルサイズのキーピッチを確保した13型はもちろん、11型も変形キーなどがなく、スムーズにタイピングできます。また、タッチパッドも広くポインター操作や複数の指先でのジェスチャー操作も違和感なくできました。


VGAや有線LAN端子はなくなった

ビジネスユースでVAIO Proを選ぶ場合に注意したいのが、インターフェイスです。前Ultrabookである「VAIO Tシリーズ」までは搭載されていたVGA端子や有線LAN端子が、VAIO Proシリーズでは搭載されなくなりました。

説明画像

インターフェイス類は本体右側面に装備している。

本体に装備しているのは、USB 3.0端子2基とHDMI出力端子、そしてSDメモリーカードスロット(SDXC対応)です。ワイヤレス機能としては、IEEE 802.11a/b/g/n対応のWi-FiとBluetooth 4.0+HSを搭載しています。メモリースティックにも非対応になっています。

ただし、その代わりに、VAIO Proでは付属のACアダプターにUSB端子を装備。スマートフォンなどの充電が可能です。また、オプションでACアダプターのUSB端子に接続できるモバイルWi-Fiルーターを用意。ホテルなどの有線LANケーブルを接続することで、Wi-Fi環境を作ることができます。また、VGA端子はHDMI-VGAケーブルがオプションで用意されています。

圧倒的な軽さとスタミナを備えた最強のUltrabook候補

VAIO Pro13/11は、それぞれ同クラスのUtlrabookと比べても、軽さとスタミナに優れた非常に優秀なUltrabookだと言えます。特にスタミナ面では、第四世代Coreプロセッサ搭載ノートの中でもダントツの性能を搭載しており、モバイル性を重視するなら、決して見逃せないモデルだといえます。同じソニーのVAIO Duo 13が公称値約18時間というさらなるスタミナを備えていますが、VAIO Pro 13/11は本体底面にシートバッテリーの装着が可能。これを取り付ければ、11型で約23時間、13型では約26時間駆動とさらなるスタミナを持ち歩くことが可能。最長駆動時間を実現できます。
説明画像

メインユースで使うなら13型が、モバイル用のサブPCとして使うなら11型がおすすめ


メインユースのPCとして見た場合、ストレージ容量が128GBしかないのが気になりますが、直販ストアで購入できるVAIOオーナーメードモデルなら、512GBのハイスピードSSDが選択できます。夏モデルのUltrabookを毎日持ち歩きたいなら、VAIO Pro13/11がベストバイと言えそうです。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。