夏といえば、ハイビスカス!
ハイビスカスティーを飲もう

心地よい酸味が特徴。夏にはぴったりのすっきり感

心地よい酸味が特徴。夏にはぴったりのすっきり感

南国、リゾートなどという言葉からイメージできる代表的な花といえば、ハイビスカス。赤、黄色、オレンジなど、色も鮮やかで、その種類も豊富。

ハーブティーとして使用するのは、ローゼルという食用品種。中国、スーダンやエジプトなどアフリカ諸国でも生産が盛んです。クエン酸を豊富に含み、エネルギー代謝を促し、夏の疲労回復に期待がもたれるおすすめのハーブティー。

科名:アオイ科
学名:Hibiscus sabdariffa
ハーブティーとしての使用部位:萼(がく)

萼(がく)…花を支える小さな葉のようなもの。ハイビスカスの場合、花弁が落ちた後、萼が発達。

主な作用:利尿、消化機能促進、疲労回復など

ハイビスカスティーの入れ方・飲み方 ティーカップ1杯分

ハチミツなどで甘みを付けるとおいしい。レモン汁を加えて酸味を強化しても

ハチミツなどで甘みを付けるとおいしい。レモン汁を加えて酸味を強化しても


熱湯でじっくり5分浸出

熱湯でじっくり5分浸出

ハイビスカス ティースプーン山盛り1杯
熱湯で約5分浸出

ティーバッグ入りのものを使用の場合は、パッケージ等に表記された浸出時間で入れ、お好みで調整してください。熱湯浸出させた液は、ルビーのように赤いです。アイスでお楽しみの場合は、2倍くらいの濃いめで入れ、氷で薄めて調整します。

ストレートでも酸っぱ過ぎるというものではありませんが、蜂蜜や砂糖などで甘みをつけて飲むと飲みやすい。また、甘くしたハイビスカスティーに、レモン汁を加えると爽快さが一層アップして、夏場には特にすっきり心地よいです。

カルピスに加えてピンク色のドリンクに!

カルピスに加えてピンク色のドリンクに!

さらに、こんな飲み方も。カルピスに入れる水の代わりに、ハイビスカスティーを使うとピンク系のハイビスカスカルピスに。追加でレモンを加えてもOK。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。