漁港に隣接した立地を活かし、 新鮮な魚介類、加工品を販売

道の駅「萩しーまーと」undefined

道の駅「萩しーまーと」 

萩焼や夏みかん菓子は、古くから萩を代表するお土産ですが、2001年に開設された観光市場「萩しーまーと」では、新鮮な萩の地魚を加工した「オイル・ルージュ:金太郎のオイル漬け」等も販売しています。「萩しーまーと」を散策して目新しいお土産をゲットしてみませんか?

萩の道の駅

ご存知のように「道の駅」は国土交通省により登録された休憩施設と地域振興施設が一体となった道路施設です。道の駅「萩しーまーと」は萩市内の漁業協同組合と鮮魚仲買業者、食品加工業者が共同で設立した「ふるさと萩食品共同組合」によって運営され、漁港に隣接した好立地条件を武器に、新鮮な魚介類の販売の他、「萩の地魚もったいないプロジェクト」による魚の加工品も販売しています。

例えば萩の地魚「金太郎」を加工した「オイル・ルージュ」は入荷するたびに飛ぶように売れて、常に入荷待ちの状態だそうです。(魚の生ハムもここで作られていますが、2013年6月現在まだ業務用製品のみで、一般には販売されていません。)

水槽の魚をゲットしてレストランでお好みの魚料理に

「萩しーまーと」では、ここの鮮魚売り場で購入した魚を館内食堂「がんがん」に持ち込んで、お好みの料理で楽しめる「勝手御膳」なるサービスもあります。調理方法は網焼き、刺身、たたき、煮付け、唐揚げ、天ぷら、あら煮、潮汁などで、ご飯、汁、香の物の3点セットをプラスすることも可能なそうです。

ただし、このサービスは昼食時間帯のみで、大混雑するGW、お盆、年末年始は「勝手御膳」サービスは取り扱っていないそうですので、ご注意下さい。

お土産ショッピングにぴったり

2011年には、地産地消優良活動表彰で最高賞の農林水産大臣賞に選ばれた「萩しーまーと」。ここでは新鮮な魚介類の販売だけではなく、魚の加工品も沢山販売しています。例えば新鮮な魚を一夜干しにした一夜干しセットや、かまぼこ、ウニの瓶爪等はお土産にも最適。是非お試し下さい。

■道の駅/萩しーまーと
住所:山口県萩市椿東字北前小畑4160-61
TEL:0838-24-4937
休館日:1月1日
開館時間:9.30-18.00(レストランの営業時間は11.00-19.30)
公式HP :http://seamart.axis.or.jp/index.html

※データは記事公開時点の情報です。承諾を得た画像を投稿しています。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。