紙の文字を瞬時に自動入力「ペン型スキャナー」

仕事での原稿作成の作業効率を飛躍的に上げるのが、この「ペン型スキャナー」です。おすすめの理由は、なぞった文字のテキスト化を始め、翻訳機にも使える、Bluetooth対応でワイヤレス、ワード、エクセルといったソフトなどに書き出しできて便利なことなどです。

なぞった文字のテキスト化

書籍で引用したい箇所を見ながら、パソコンのメモ用紙やワードに打ち込む作業はとても時間がかかります。ところが、このペン型スキャナーを使えば、一瞬で文字を読み取り、5秒でデータ化することができます。しかも、認識率は英語で90%以上、日本語では80%以上、他にも合計193カ国語に対応しています。

また文字だけではなくデザインや、宅配便のバーコードや送り状の番号も読み取ることができるので、請求書を作るときにとても重宝します。ただ、iPhone,iPadなどのios端末には対応してないのが残念です。

翻訳機に使用可能

「ペン型スキャナー」は文字をデータ化するだけではなく、読み取った文字を様々な言語に翻訳することが可能です。

Bluetooth対応でワイヤレス

ペン型スキャナーはBluetooth対応です。また、シャーペンやボールペンのように気軽に持ち運べます。重さは35グラムと軽量なので、ペン型スキャナーとAndroidスマホやタブレットPCを持ち歩いて、図書館などで書籍を広げて、ペン型スキャナーですぐに取り込むといった使い方ができます。

ワード、エクセルといったソフトにも対応

ペン型スキャナーで読み取った文字は、原稿作成で必須のワードやエクセルといったソフトにも対応し、WEBのブラウザなどにも瞬時に書き込みができるので、作業効率が上がります。

■ペン型スキャナー
URL:http://mac-supply.jp/products/detail.php?product_id=3211




※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。