トルコのB級グルメ「ドネル」

Taksim, Kizilkaya

トルコでは老若男女に人気の国民的B級グルメ、ドネル

最近では日本でも増えて来たドネルスタンド。トルコに行った暁には、ぜひ本場のドネルを頂きたいものです。トルコでは今でもファーストフードやB級グルメの王様として君臨するドネルですが、それだけに一口に「ドネル」といっても、その食べ方には色々な種類があります。ここでは、そんなドネルの清く正しい攻略法をお伝えします。

そもそも、ドネルって何?

Doner

左が牛肉又は羊肉で、右が鶏肉のドネル。肉を外側からどんどん削いでいくので、よく売れると左側のように細くなっていく

ドネルの奥義は意外に深く、仕込みは前日から始まります。まず生の肉をヨーグルトやオリーブオイル、スパイスなどが混じった特製ソースに一晩ほど漬けこみます。翌日、その肉を大きな串に一枚ずつ重ねて刺していき、ある程度の高さまで達したところでこの串をグリルの前に立て、回しながらじわじわと火にかざして焼いていきます。この時、まんべんなく火が通るようにこの肉の串がグルグルまわることから、「ドネル(Doner=まわる)」と名付けられているのです。

こうして火が通った肉を外側からうすーくうすーく縦に削いでいった肉がドネルで、 それぞれうまみの異なる肉の層ができていて絶品! ドネルには、牛肉又は羊肉が使われているEt Doner(エトゥ・ドネル)と、鶏肉が使われているTavuk Doner(タヴック・ドネル)の2種類があります。

ちなみにラーメンスープ同様、店によって肉を漬けこむ特製ソースは様々で、たいていオーナーのトップシークレットとなっています。また、肉と肉の間にところどころ脂分を挟んで焼くことでコクを出したり、トマトやししとうを挟んでみたりと、おいしさも千差万別。色々なお店で食べ比べてみましょう。

ドネル・メニューその1:ドネルサンドヴィチ

Doner Sandvic

トルコのパン、エクメッキの中にこうして削いだドネル肉を挟んでくれるのがドネルサンドヴィチ

ドネルの食べ方には色々ありますが、一番ポピュラーなのが「ドネルサンドヴィチ」。トルコの典型的なパン、エクメッキの1/2を半分にスライスして、間にドネルや野菜などを挟んだものです。店によってはフライドポテトやししとう、玉ねぎなどをいれるところもあります。

Doner Sandvic

日本人、特に女子にはなかなか厳しい量

とても美味しいドネルサンドヴィチですが、このエクメッキが半分でもかなり大きいため、日本人的には食べきれない人が多いかも。もしパン部分よりドネル肉を楽しみたい人はパンの中身(白いところ)だけを取り除いてもらうこともできます。そんな時は「Ekmegin icini alir misiniz? (エクメーイン イチニ アルル ムスヌズ?)」と言ってみましょう。お店によっては何も言われなくても最初からパンの中を取り除くところもあれば、サンドイッチをトースト器で上からプレスして焼いてからサービスしてくれるところもあります。

 

ドネル・メニューその2:ドゥルムドネル

Doner Durum

とろけるチーズ入りのドゥルムは絶品

ドゥルムドネルもポピュラーなドネル料理の一つで、ガイドが個人的には一番好きな食べ方。ラワシュと呼ばれる紙のように薄いパンにドネル、トマト、フライドポテトなどを置いて、春巻きを巻くようにくるくる巻いたもので、やはりトースト器でプレスして焼いてくれるお店もよく見られます。とりわけ「Kasarli Durum Doner(カシャールル・ドゥルム・ドネル)」は、中にとろけるチーズも入っているのでボリューム満点で美味!

ドネル・メニューその3:ピデドネル

Pide Doner

ピデは、エクメッキとラワシュの間ぐらいの厚さのパンで、断食月などによく食される

ピデとはトルコのパンの一種で、エクメッキのように膨らんだパンではなく薄い座布団のような丸いパンです。といっても、上記ドゥルムに使われるラワシュほど薄くはありません。このピデの間にドネルを挟んだのが「ピデドネル」で、ピデパンを愛する人に好まれています。店によって中の具は色々で、プレスして焼いてくれるところもあります。

ドネル・メニューその4:ピラウウストゥドネル

Pilav Ustu Doner

こんがり焼いた薄切り肉のドネルは、案外お米とよく合う

実は日本人の一番人気はこちらではないでしょうか。皿にバターピラフを広げ、その上にドネルの薄切り肉を載せたもので、名前の意味もそのまま「ドネルOn the ピラフ」。横にトマトやポテト、ししとうといった具が添えられていることもあります。小さなドネルスタンドだと置いていない場合も時々ありますので確認しましょう。

ドネル・メニューその5:イスケンデル

Iskender

見てくれはなんなんですが、コクがあってうまい!

このイスケンデル、実は主にケバブ屋に置いてあることが多く、ドネルスタンドでサービスしているところは少なめですが、日本人には人気が高いメニューです。コマ切りのピデ・パンの上にドネルを載せ、上からトマトソースと溶かしバターをじゃっとかけてヨーグルトと一緒にいただく……という、日本人から見るとちょっと不思議な食べ方。爆発的なカロリーですが、それだけに溶かしバターがしみ込んだピデパンとカリカリに焼けたドネルの薄切り肉の美味しさは絶妙! トルコ料理の中で多用されるヨーグルトのおいしさも、このイスケンデルで発揮されるというものです。

どこで食べられる?

Siraselviler Donerciler

イスタンブールのタキシム・スラセルビレル通りに並ぶドネルスタンドは有名

日本のそば屋よりも高い確率で町中に点在するドネルスタンド、たいてい店の入口に大きなドネルを2本立てて焼いているので見てすぐ分かります。イスタンブールでいただくなら、タキシム広場のスラセルビレル通り入り口付近が有名。とりわけKizilkaya(クズルカヤ)やBambi(バンビ)などは市内各地に支店を持つ人気店です。この他イスティクラル通りに店舗を持つMarmara Bufe(マルマラビュフェ)なども有名です。

イスタンブールの価格は、鶏肉ドネルが約200~350円、牛肉羊肉ドネルが約300~450円程度となっています(2013年7月現在)
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。