コツ2
掃除が嫌いになる原因を無くすリフォームをすれば楽になる

いざ掃除をしようとしたらホースが引っかかって掃除機が出しにくい、雑巾は干しっぱなしで収納する場所が無い、いろいろな種類の洗剤やバケツは奥にしまい込んでいるので出し入れがメンドウ……なんてことになっていませんか?ささいなことのようですが、掃除を始める前からこれでは、ますます掃除がイヤになってしまいます。

最近の洗面化粧台はボウルの下の収納スペースが大きく、引き出し式なら掃除用具も出し入れしやすい(パナソニック)

最近の洗面化粧台はボウルの下の収納スペースが大きく、引き出し式なら掃除用具も出し入れしやすい(パナソニック


最近は掃除用具の数も種類も増えています。モップや化学雑巾、洗剤はバリエーションも多く、場所に応じて使い分ける人も多いことでしょう。また掃除機も、吸引力の強い大型や充電式の小型タイプを使い分けるなど、複数台所有するようになった人も多いかと思います。

しかし掃除用具が増えても収納がそのままでは、掃除を始める前からメンドウな気分になり、いつまでたっても掃除は嫌いなまま。リフォームの際には掃除用具専用の収納用スペースを確保し、スムーズに出し入れできるようにすれば、それだけでも掃除へのハードルが下がります。

掃除機用コンセントをスイッチと一緒にまとめて取り付けた掃除機用コンセント。立ったまま楽に抜き差しできる(一級建築士事務所 OfficeYuu)

掃除機用コンセントをスイッチと一緒にまとめて取り付けた掃除機用コンセント。立ったまま楽に抜き差しできる(一級建築士事務所 OfficeYuu

その際には、充電式掃除機用のコンセントを忘れずに取り付けておきましょう。お掃除ロボット用のコンセントも付けておけば更に便利です。

またコード式の掃除機はコンセントの抜き差しをしながら移動します。あと少しのところでコンセントが届かない、いちいち屈んでコンセントを抜いて、また差して…… ということが無いよう、コンセントの位置を練り直しましょう。

特に壁紙の張替えは、コンセントを増やしたり移動するチャンスです。後で別に工事をすると配線が露出になったり、費用が高くついたりしますので、忘れずに計画しておきましょう。

 

次のページでも掃除が楽になるリフォーム!掃除の邪魔モノを排除するプランをご紹介します。