コルクやシルクの壁紙など素材にこだわれば、部屋が快適になる

壁紙の素材にはビニールだけでなく、シルク、コルク、紙、毛織物などがあり、また様々な機能が付加されているタイプもあります。

シルクのよさは何と言ってもその美しさと高級感です。つややかな光沢と発色で、素晴らしい陰影を生み出します。

コルクは弾力性があるので身体がぶつかってもケガをしにくく、水や薬品、腐食に強く耐久性があります。注意したいのが、コルク調と本物の違いです。コルク調はあくまでも柄を印刷した製品で、本物とは異なります。

子供部屋の壁紙

コルクの壁は子ども部屋にぴったり。今ある壁紙の上から張ることができる。天然素材なので色の濃淡がある(東亜コルク


ビニールクロスと呼ばれる、塩化ビニール素材のメリットは、何といっても掃除が楽なことです。加えて、臭いを消してくれる消臭機能や、湿度をコントロールしてくれる調湿機能を付加したタイプもあります。

リビング

光触媒と消臭剤の効果で、部屋の中が快適になる壁紙エアリフレ。ペットやたばこを吸う家にも(リリカラ)


リフォームでの壁材選びの際には、色柄に加えて素材にもこだわることで、更に快適に暮らすことができるようになります。

新築とは違う、壁紙の張替えリフォームでの注意点とは

スイッチプレート

壁紙が新品になると、古いプレートが目立つようになるので注意。

壁紙の張替えリフォームは、新築のように新品の下地に張るのではなく、古いものを剥がし、下地処理をしてから張ります。

下地処理では張り面を平滑にするためにパテ掛けという作業を行いますが、完全に平らにはできませんので、紙でできた輸入品や、薄く光沢があるタイプを選ぶと、下地の凸凹が見える場合があります。

どんな製品を選べばいいのかは、下地の状況や光の当たり方によっても変わりますが、リフォーム用と名付けられたサンプルブックに掲載されている製品は、厚手で収縮しにくいなど、基本的に下地の影響を受けにくいタイプです。

下地の影響が気になる壁材を使いたい場合は、下地の状態をよく見てもらい、調整で済むのか、新しく張りなおしたほうがいいのか、リフォーム業者とよく相談しましょう。

また壁が新しくなると、照明器具・スイッチプレート、ドア枠などの枠まわりの汚れが気になるものです。実はこれ、張替えリフォーム後の後悔でも多い失敗です。下記に多くの人が後悔する失敗例をまとめましたので、あわせてご覧下さい。

壁紙サンプルを見る際には、値段をチェックしておく

壁紙

新築にも張替えにも好適な壁紙のサンプルブック。壁紙は全点1,090円/m2税別、施工費別(サンゲツ)

よく聞く悩みが、厚いサンプルブックを渡されたが、あまりにたくさんの数の前に圧倒されて、どう選んでよいかわからなかった、というものです。

リフォームの場合には、下地によって向き・不向きもありますので、イメージをよく話し合って、担当者にいくつかピックアップしておいてもらうと、選びやすくなります。

また費用のチェックも忘れずに行いましょう。一律同じ値段の商品が集められたサンプルブックもあれば、いろいろな値段の商品が掲載されているものもあります。

面積が大きくなれば、材料の値段でリフォーム費用は大きく変わります。素材によっては、工事費用が異なる場合もありますので、事前にシッカリ確認しましょう。下記に、張り替えリフォームの計画の立て方~見積もり~完成までを5つのステップでご紹介していますので、あわせてご覧下さい。 【関連記事】


Copyright(c)2016 一級建築士事務所 Office Yuu,All rights reserved.

匿名で優良会社にリフォーム相談!

ホームプロでリフォーム会社を探す

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。