壁紙クロスの張替えは、手軽に我が家をリフレッシュするリフォームとして人気ですが、終わった後になってから「しまった!」と後悔する声もよく聞きます。そこで今回は経験者の失敗談から、ガイドYuuが見てきた後悔ワースト3をご紹介します。

壁紙クロス張替えの後悔 - 第3位
リフォーム前とほとんど変わらない、もっと冒険すればよかった

壁紙クロスの張替えでは、無難にし過ぎて後悔することも

壁紙クロスの張替えでは、無難にし過ぎて後悔することも

壁紙クロスの張替えリフォームでは、初めはイメージチェンジをしたい!と思っていても、いざ決める段になると、「やっぱり無難に」「飽きがこないように」 と、前と同じような壁紙クロスや、地味目のタイプを選ぶ傾向があります。

結局、張替え前とイメージがほとんど変わらず、誰にも気付いてもらえない、地味で詰まらない、もっと冒険すればよかった、でもキレイにはなったことだしまぁよしとするか……。

せっかく新しい壁紙クロスになったのに、心から喜べない、もやもやとした後悔を残してしまっているケースは、意外と多いのです。

 

壁紙の張替えで後悔しない! ワンポイントアドバイス


白いレンガ調の壁紙

単色の地模様タイプは落ち着いた華やかさがある。人気の白いレンガ調の壁紙(サンゲツ


壁紙クロスの張替えリフォームで、少しだけ冒険するなら、色数が少ない地模様タイプの壁紙がオススメです。地模様の壁紙クロスは、小さなサンプルでは派手に見えますが、大きな壁面に仕上がると壁にしっくり馴染んで、落ち着いた中にも華やかさを感じさせる空間になります。

次のページは、壁紙クロス張替えリフォームの後悔の第2位! 壁紙クロスを張替えたせいで雑多な雰囲気に? そして納得の第1位をご紹介します。