今回の 「リフォームのアイディア集」 は、大人気テレビドラマ 『華麗なる一族』 から、豪華なステンドガラスを使ったリフォームをご紹介します。このドラマはストーリーだけでなく、万俵家の豪華なインテリアも見所のひとつ。

そこで今回は、万俵家で使われたステンドガラスを写真でご紹介!リフォームで使うステンドガラスの選び方や注意点など、1クラス上のリフォームテクニックをお話しします。

取り付ける場所によって選び方が変わる色ガラス


ビベルド・ステンドガラスが万俵家リビングと応接室の間仕切り壁に使用されている様子
豪華だが上品さを失わない、色ガラスを使わないステンドガラス(写真提供:戸夢窓屋)

今回ご紹介する 『華麗なる一族』 で使われたステンドガラスは、テレビドラマ 『輪舞曲-ロンド』 でも製作協力を行なった、ステンドガラス工房 「戸夢窓屋」 で製作されました。

戸夢窓屋では、フリモント社の色ガラスを時間を掛けて厳選し、品のある作品をつくる事をモットーとしているとの事。『華麗なる一族』 に相応しいステンドガラスとなっています。


万俵家応接室の横にあるFIXに取り付けられたシックでシンプルなステンドガラス
外側はリビングの横のテラスに面し、テラスからも楽しめる(写真提供:戸夢窓屋)

ステンドガラスを壁面に取り付けたい場合に注意しておきたいのが、ガラスの色です。ガラスは光の当たり方によって発色が大きく変わります。

例えば外壁に使われていたアンティーク物を、室内の間仕切り壁に使ってしまうと、発色が目立たず赤色や青色が黒く見えてしまうこともあります。

取り付ける壁の位置によって、使う色ガラスの選び方が変わるわけですから、リフォームのプラン段階で良く相談することが大きなポイントとなります。

ちょっとした工夫で機能的で個性的な空間を演出する、様々なガラスは下記でもご紹介していますのでご覧になってみて下さい。
■室内ドアのデザインガラス色々

- P1 -

次のページでは、万俵家ダイニングルームの窓、ステンドガラスの特徴を知っておく 「色ガラスの質と立体感がステンドガラスの命」、万俵家応接室のドア、『華麗なる一族』 のステンドガラス担当から選び方のアドバイス! 「どこに使うかによって選び方が変わるステンドガラス」 をご紹介します。