今年は1000年に一度(!?)の猛暑という凄まじい暑さの夏です。こんな暑さの中クールビスでオフィスには穿くていけないまでも、それ以外のときに欠かせないのがショートパンツ。でもただ暑いからショートパンツを穿くだけでは男のみだしなみとしては失格です。たかが短パン、されど短パン。今年には今年なりのトレンドやスタイルというものがショートパンツにもあるのです。今回は、2013年の夏に穿きたいショートパンツをご紹介しましょう。

ショートパンツ

ショートパンツ丈ですが、膝上10センチくらいのものがベストです。


今年のショーツパンツは短めがよし

昨年の夏には、「ショートパンツは膝丈くらいのものをロールアップして穿きましょう」という記事を書きましたが、今年はロールアップしなくてもよいくらい短めのものや、デザインとしてすでにロールアップされて短くなっているものが主流です。メンズ雑誌などを見ると「この丈の短さの短パンはちょっと……」と思うほど膝上15センチくらいのものすごく短いショートパンツが紹介されていたりします。20代、30代ならともかく、40代、50代の人には短すぎるショートパンツはやっぱり抵抗がありますよね。そんな人には長すぎず、短すぎないショートパンツの選び方をお教えしましょう。

まず、パンツ丈ですが、膝上10センチくらいのもので、ロールアップしてあるものでも、していないものでも大丈夫です。ただ、気をつけてもらいたいのは、少し細みのものを選んでもらいたいことです。パンツ丈が長いと、太い短パンでもそれなりによく見えるのですが、短いとぴったりではなくとも、少しフィット感のあるシェイプのもののほうがスマートに足も長く見えます。

次のページでは、この夏のショートパンツの色柄について解説します。