バックアップしたiPhoneのデータの復元方法

 

 

 

 

通常、iPhoneで「復元」と言うと、iPhoneを工場出荷時の状態に戻す=リセットを意味することが多いので、そこからバックアップしておいたデータを使ってリカバリする=「復旧」と、ここでは表現することにさせてもらいます。

iPhoneを単体でご使用の方は、iCloudでバックアップをとってらっしゃると思うので、以下が操作手順になります。
  1. 設定→一般→リセットの画面から
  2. すべてをリセット(=iPhoneの復元)
  3. iCloudにサインイン
  4. 設定アシスタント→バックアップから復元(=復旧)を選択

PCをお持ちの方は、iTunesを使ってらっしゃると思うので、以下が操作手順になります。
  1. iPhoneの設定→リセット、もしくは、PCとiPhoneをつないで、iTunesの画面から「復元」を選択にて、iPhoneを復元(=リセット)した上で、
  2. iTunesを立ち上げる
  3. iPhoneをPCにつなぐ
  4. iPhoneとの同期の画面を表示
  5. 概要→「バックアップを復元」を選択

気をつけないといけないのは、iCloudにバックアップをとっている場合(私もそうですが)です。要するにオンライン・ストレージにバックアップをとっていて、無料では「5GB」までということになっています。

自分がどういう項目についてバックアップをとっているのか、確認しておくことをお勧めします。

確認方法は、設定→iCloudから、可能です。バックアップをとっている項目は「オン」になっていますので、ご自身で適宜、必要な項目を「オン」にしておくことも大事です。

ただし、フォトストリーム(写真)等を「オン」にしておくと、無料である5GBを簡単に超えてしまうこともあると思います。

不要な写真等は、別の場所に移しておくか、削除しておくかしておいたほうがいいと思います。

あるいは、さらに進んで、ストレージとバックアップ→ストレージを管理からご自分のiPhoneを選択して「バックアップオプション」項目から、アプリ個別にバックアップをとるかとらないかも設定できます。

iCloudからのバックアップでは「ミュージック」項目は基本的にバックアップされないので、購入済みのものは再度ダウンロードする等の作業が必要です。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※機種やOSのバージョンによって画面表示、操作方法が異なる可能性があります。