淡い10代のホロにがい恋と青春の物語

■作品名
あの雲に歌おう
■監督
太田浩児
■主演
西郷輝彦
■DVD発売元
東映

■あらすじ
母代わりをする活発的な原美千と、その仲間の杉浦や津田、西条と相川と共に楽しい学校生活を送っていました。そんな時、一人の凛々しくてモダンな戸野村先生が赴任してきたのです。その戸野村の魅力に、仲が良かった女生徒の間に誤解からヒビが入ってしまいます。

■おすすめの理由

いつも一緒で仲が良く、まるで兄弟のようで色々な性格を持つ友達が、一人の先生によってギクシャクしてしまうという青春映画です。優等生や不良、ちゃっかり屋やキャプテンという違った面を持つ色々な性格だからこそに、惹かれあう若い仲間達の姿が眩しく感じます。

恋に芽生える青春の時期でもある女子高生にとって、素敵な男の先生が現れたらハートを奪われてしまいます。先生の戸野村には全然悪い部分が無いんだけど、魅力的なだけに巻き込まれていってしまう動揺した姿も気の毒です。

まだ子供と大人の間の時期でもある高校生時代には、自分の想いをコントロール出来なくって体でぶかってしまいます。分かってはいるだけど、どうしてもコントロールが効かなくなって、人を陥れてしまいたいという考えをもつ部分があります。人間の心理を分かり易く表現していて、元気な10代らしい感情のぶつかり合いが刺激的です。

戸野村は大人の対応をして、そんな格闘する子供達を優しく受け入れます。誤解や後悔を話し合いを通して、心を通じ合う子供達の成長を見る事も出来ます。淡い10代の大人びた、ちょっとホロにがい恋と青春を見れるそんな映画です。



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。