インテリアの主役級の存在感
光るドアハンドルや握り玉などのデザインモノで差を付ける

ドアのハンドルや握り玉、ストッパー、丁番などの金物によってインテリアのグレード感は大きく変わります。例えば、安いポリ合板のドアにデザイン物のハンドルを取り付け、ローコストでハイクオリティな空間を作り出すというテクニックもあります。

クリスタルガラスが付いたハンドル、暗くなるとガラス部分が光るハンドル、漆コーティングのハンドル、磁器製で高級感があるハンドルと握り玉(ユニオン)

クリスタルガラスが付いたハンドル、暗くなるとガラス部分が光るハンドル、漆コーティングのハンドル、磁器製で高級感があるハンドルと握り玉(ユニオン


上の写真は、様々な素材を使って美しいデザインに仕上げたドアハンドルと握り玉の写真です。全部のドアを変えなくても、リビングのドアや玄関から見えるドアのハンドルを交換するだけでも、住まいのイメージは大きく変わります。

目立たないようでいて、実はイメージを大きく左右するアイテムは下記でもご紹介していますので合わせてご覧下さい。
■一箇所だけでも大満足! リフォームでこだわるポイントはココ
■ケチると安っぽくなる! リフォームするならココだけはお金を掛けよう

また室内ドアと床の色の組み合わせ方、室内ドアにはめ込む様々なデザインガラスは下記でご紹介しています。
■失敗しない! 床リフォームの色選びと、合わせやすいドアの色 はこちらから
■室内ドアリフォーム!デザインガラス色々ご紹介 はこちらから

【関連記事】
■手軽にイメチェン! 1クラス上のセンスを感じさせる壁紙リフォーム
■小さなアクセントで従来のイメージから脱却! カーテンリフォームのセンスアップ
■工事無しでOK! スッキリ玄関の見せ技リフォーム
■誰でもできる! トイレ簡単リフォーム

匿名で優良会社にリフォーム相談!

ホームプロでリフォーム会社を探す

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。