料理上手として有名なご主人が作る絶品料理

 

 

おいしい魚が食べたい!という方は「政右ヱ門」へ。素材の良さだけでなく、宿のご主人は料理上手としても知られ、春にはキンセンカなどを使った花料理も登場!土曜は常に満室なので予約はお早めに。

料理の神様をまつった高家神社があるなど、房総半島屈指の味どころとして知られる千倉。なかでも「グルメ派の宿政右ヱ門」は旅行雑誌やサイトなどで満点近い評価を受けている料理自慢のお宿です。

家族経営の民宿なので設備などはシンプルですが、とにかく食事がスゴい!2人でも尾頭付きのタイや伊勢エビ、アジなど、約7~8種類の魚介を使った刺身の盛り合わせがドーンと出され、どれから食べようか迷ってしまうほどの大盤振る舞い!!新鮮なお魚だけでも十分に満足できますが、とくにリピーターに人気なのが、なめろうと漁師汁。なめろうとはアジをたたきにし、ネギや味噌などとあえた千葉の郷土食。政右ヱ門ではそのなめろうをアジの骨を揚げた骨せんべいにのせて食べたり、魚の出汁で作った漁師汁をかけてお茶漬け風にして頂きます。

 

 

 

 

この他にも、鍋や煮物、天ぷらなど9~10品ほどのお料理が出されますが、どれひとつとしてハズレなし!それもそのはず、政右ヱ門のご主人は高家神社の由緒あるお祭りに参加するなど、千倉きっての料理上手としても有名で、毎年新作を考えるなど常に新しい趣向で楽しませてくれます。取材もリピーターもとにかく多い宿なので、予約はなかなか取れませんが、いつ行っても満足できるのでおすすめです。


■海辺の料理宿 政右ヱ門
住所:千葉県南房総市千倉町忽戸497
電話:0470-44-4071
アクセス:JR 「千倉駅」からバス、「忽戸小学校前」下車徒歩2分
HP:www.masaemon.net/#start

※データは記事公開時点のものです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。