南房総の千倉では春の花詰みが体験できる

 

 

 

 

■体験プログラムの名称:早春の花摘み体験

まだ寒い1月頃から、南房総の千倉では春の花詰みが体験できます。ここだけ色とりどりの花が咲いていて、春の先取りです。

色々な花の開花が待ち遠しい早春の時期、太平洋に面する南房総千倉の白間津地区にお出かけすると、色とりどりの花が咲きそろい、その向こうには青い海が見え、それは爽やかな気持ちになります。

この辺りをドライブすると、様々なお店が花摘みを行っているので、まずは目の前の道の駅で車を止めます。各お店で摘まれた花も売っていますが、好きなお花を摘む体験も出来ます。やはり、色とりどり咲くお花畑に入って摘んだ方が楽しいです。そんな体験をして、一足早くお家に春を呼べます。

だいたいお花別に、7本くらいで300円が目安です。ポピー・きんせん花・ストック・矢車草・金魚草・ベニジュームなどがあります。


■道の駅:白間津花のパーキング
住所:千葉県南房総千倉町白間津1397
連絡先:0470-43-1811(潮風王国)
休館日:5月~12月
HP:http://chikurakankokyokai.com/


そして、房総といえば、有名な郷土料理の『なめろう』があります。そのなめろうを焼いたものが『さんが焼き』です。

期間限定で、なめろう作り体験もあるようですが、確実に頂けるのが、「大徳家」というお寿司屋さんです。余談ですが、大徳家5代目店主は「南房総なめろう研究会」の会員でなめろう継承店。全38店舗の会長です。なめろうを頼むと、必ず本日の地魚のなめろうを出してくれます。

お腹が空いたら、是非! 郷土料理のなめろうも頂いてみて下さい。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。