マザー牧場の「いちご狩り」は不動の人気

 

 

 

 

広大な敷地を持つ「マザー牧場」。かわいい動物と触れ合えるのはもちろん、緩やかな斜面を利用した花壇や農園など、総合的にアグリカルチャーを体感できるのも、マザー牧場の魅力のひとつです。

フルーツ農園での味覚狩りは家族連れやカップルなど、年齢層を問わず親しまれています。なかでも1月から5月のゴールデンウィーク明けごろまで楽しめる「いちご狩り」は不動の人気です。

品種は「紅ほっぺ」「章姫」「栃乙女」の3種類で、どれも引き締まっていて甘さ十分。乾燥した季節の水分補給、ビタミン補給にぴったりです。

立体型7段式水耕栽培なので、座り込んで摘むよりも疲れることはありません。目線の高さにいちごがあるので、完熟しているのを見分けやすいのもうれしいです。また、床面は土ではなく通路となっているので、車いすの人でも安心して楽しめます。


■マザー牧場
住所:千葉県富津市田倉940-3
電話:0439-37-3211
営業時間:(1月)平日10:00~、土日祝9:30~/(2月~5月)平日9:30~、土日祝9:00~)
開催時期:1月~5月中旬
費用:入園料のほかに、いちご狩り代としてひとり200円、果実100gにつき200円
所要時間:60分程度
施設休館日:火曜日
アクセス:館山自動車道「君津PAスマートIC(ETC専用)」より約10分
HP:http://www.motherfarm.co.jp/
備考:いちご狩りをしなくてもハウスに入るには参加料(3歳児から)が必要です。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。