世界最大の海洋水族園マリンライフ パークが
リゾートワールド セントーサに登場!

説明画像

世界最大の水族館を有するマリンライフ パーク。南国シンガポールで注目の水辺や水中で楽しめるアトラクションや展示が満載

3年間にわたる大プロジェクト、リゾート ワールド セントーサの施設オープンのトリを飾るのが、マリンライフ パーク。6000万リットル以上という世界一の総水量を誇る海洋水族園で、800種以上10万匹もの海洋生物に出合うことができます。水の外から楽しむシー アクアリウムと、水に入って楽しむ、アドベンチャー コープ ウォーターパークの2つのエリアからなる水族園のそれぞれの見どころをご紹介いたします。

世界最大の水族館、シー アクアリウム

説明画像

シーアクアリウムの一番の見どころ。世界最大の大水槽。レストランやホテルの客室も併設されている

水の外から楽しむシーアクアリウムは、世界最大の水族館。総水量4280万リットル以上を誇り、800種10万匹以上もの海洋生物がここに生息していて、巨大ハタやナポレオンフィッシュ、マンタなどの大型の海洋生物や、200匹以上もいるというサメなどを見ることができますよ。また水族館の中は、こちらも世界最大の幅36メートル、高さ8.3メートルの水槽パネルをメインに、10のゾーンで構成されていて、49の海洋生物の生息地の展示を、東南アジアからアフリカ亜大陸へと続く海のシルクロードを旅するようにめぐることができますよ。それでは10のゾーンへご案内いたしましょう。

■ZONE1. カリマタ海峡とジャワ海
エントランスでは、なんと難破船がお出迎え! その難破船をはじめ、水中の洞窟やサンゴ、海綿動物などの海洋生物を見学できます。

■ZONE2. マラッカ海峡とアンダマン海

説明画像

ディスカバー タッチプール。海の浅瀬に生息する生物を実際に触ってみよう

このゾーンではサンゴ礁からマングローブ、海藻の群落などの生息の様子を展示しています。小さな生物は、レンズアクアリウムの拡大鏡で覗くこともできますよ。また、ディスカバー タッチ プールでは、ヒトデやナマコなどの生物に実際に触れることもできます。

 
説明画像

コーラルガーデンの筒状の水槽。階段がついていて上から下までぐるりと水槽を眺められます

このスポットにはもうひとつ、コーラルガーデンという見どころがありますよ。筒状の高さ8メートルもある水槽で、色とりどりの生きたサンゴやリーフフィッシュの姿を見ることができます。実際の海の中を覗いているような気分になれます。記念撮影をするのにもオススメです。

 
■ZONE3. ベンガル湾とラッカディブ海
説明画像

日本では沖縄などでしかみられない、マングローブの生態を身近で観察できる

ベンガル湾やラッカティブ海周辺のマングローブの生態系の中で発見された生物を展示。テッポウウオやカブトガニを見られます。

 
■ZONE4. オーシャン ジャーニー
説明画像

不思議な形状や色のクラゲの展示が印象的。ローカルには特に人気が高いスポットのようでした

深海エリアの神秘的な生物などを展示。珍しいクラゲなども見られます。