赤ちゃんと大人では、怖がるポイントが違う!

赤ちゃんは感じ方が違う!

赤ちゃんは感じ方が違う!

公園で、お子さんに、
「そんな高いところに登らないのよ!」
「危ないから降りていらっしゃい!」
と注意したことありませんか?

もちろんその子によって違いはありますが、往々にして、赤ちゃんは高いところが好きですよね。親は冷や冷や、でも当の本人はケロリ、そんなシーンもあるのではないでしょうか。

実は、赤ちゃんにとって、「高さ」は恐怖感を引き起こすものではないのです!

アメリカの大学が行った実験で、赤ちゃんと大人では、高い場所で違うものに恐怖を感じることが分かりました。大人が高所で感じる恐怖は、間違いなく、「どれくらい高いか?」ですよね。でも、赤ちゃんは違ったのです。小さな子が高さ以上に怖いと感じるものとは? その実験で分かった結果をご紹介していきましょう。

その実験には、生後11~14ヶ月の赤ちゃんが参加。まずはじめに、37人の14ヶ月の赤ちゃんに、橋を歩いて渡ってもらいました。その橋は、途中、広くなったり、狭くなったりと幅が変化しており、広いところと狭いところの幅差は、最大76cmありました。そして、高さは2種類。高い橋は71cm(赤ちゃんの身長くらい)、低い橋は17cm(赤ちゃんの膝の高さくらい)でした。

橋を歩き始めた赤ちゃん達は、幅が狭くなってくると用心深くゆっくりと進み、さらに狭くなると、進むのを拒んでしまいました。これは、橋の高さに関わらず見られた傾向。幅が広ければ、高い橋でもスイスイ進めるのに、狭くなると、低い橋でさえもストップしてしまったのです。つまり、赤ちゃんが抵抗を感じたのは、幅の狭さであって、高さではありませんでした。

次に、まだハイハイをしている11ヶ月の赤ちゃん達に同じ実験を行いました。そこでも結果は同じでした。

赤ちゃんが怖がるものとは、幅。落ちるかもしれないのが怖いからです。落ちるのはイヤ、でも高さは怖くない、というわけです。

>>次ページは、大人と赤ちゃんの感じ方の違いについてです。

*出典:Developmental Science 「No bridge too high: Infants decide whether to cross based on the probability of fallig not the severity of the potential fall.」より