後世まで受け継がれるべき映画

■作品名
キング・オブ・キングス
■監督
ニコラス・レイ
■出演
ジェフリー・ハンター、ロバート・ライアン、シオバン・マッケンナ
■DVD発売元
ワーナー・ホーム・ビデオ

壮大なスペクタクルで描かれた作品で、50年以上経った今見ても全く古さを感じさせないこの映画の凄さに圧倒します。後世まで受け継がれるべき映画だと思います。

事実に基づいて、イエス・キリストの人間としての生涯を描いた、スケールの大きな映画だと思います。
この時代ですから、CGを使うことなくフルスケールで描かれた映像が驚きと感動を与えてくれます。

新約聖書をわかりやすくまとめたもので、聖書を身近によく知らない人が多い日本人でもストーリーを純粋に楽しめます。キリストの誕生から青年までの成長、ユダに裏切られて処刑されるシーン、最後の晩餐など印象的なシーンがいくつもあり、見せ場の多い映画で画面に釘付けになってしまいます。

イエスが生死が人々に何を教え、与えたのか、現代の社会の思想と合わせて、とても深く考えさせられる映画だと思います。

現代に失われた信じる心、敵さえも愛するという心の大切さを知れば、現代の戦争、忌まわしい事件や争いごとが減少するのではと改めて現代社会に警鐘を鳴らされているように思います。

主人公キリスト役ジェフリー・ハンターの物静かで美しい顔立ちが神々しくもあり、救いの主イエスのイメージにとてもよく合っています。




※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。