エルビス・プレスリーのはまり役
『Supinout (スピンアウト)/カリフォルニア万才(邦題)』

■監督
ノーマン・タウログ
■主演
エルヴィス・プレスリー,
■DVD販売元
ワーナー・ホーム・ビデオ

エルビス扮する歌手、マイクを巡るどたばたラブコメディー。
独身主義者で通している人気歌手マイクはプレイボーイですが、身を固めません。
ひとりの金持ちの娘に気にいられたことをきっかけに、三人の女性から結婚を迫られることになります。しかし、一人に決められないマイクはレースでの勝負をもちかける、といったストーリーです。

本作は歌手としてのエルビスプレスリーのファンの方にぜひオススメしたい一本です。
なんといっても、役柄が「歌手」なので、はまり役でした。
エルビス自身も、演じやすかったのではないかな、とおもいます。
歌手としての自信に溢れているような、エルビス自身の魅力たっぷりの映画です。

クラブダンス、レーシングシーンが目玉という点では、同じエルビス主演の「speedway」ともかぶりますが、挿入歌の多さや素晴らしさにおいてはこちらのほうが断然上です。音源として発売されなかった曲もあるので、エルビスファンなら必見、必聴。

全体として、ストーリーよりも曲や時代の雰囲気を楽しめます。サウンドトラックもでています。カフェなどでは映画一本まるごとBGMとして流すのもおしゃれでアリかもです。

出てくる車もおしゃれなので、アメ車ファンも必見です。

 



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。