意見の合わない恋人たちに繰り広げられる多幸感に満ちた作品

■作品タイトル
女は女である
■監督
ジャン=リュック・ゴダール
■主演
アンナ・カリーナ、ジャン=ポール・ベルモンド、ジャン=クロード・ブリアリ
■DVD/Blu-ray発売元
ハピネット・ピクチャーズ、角川書店ほか


子どもが欲しい女性(アンナ・カリーナ)と、あまり気の進まない恋人(ブリアリ)のあいだに繰り広げられる、ラブストーリーのようなコメディのようなミュージカルのような、とにかくものすごく多幸感に満ちた作品です。何より、「女は女である」という、同語反復でポジティブなタイトルが物語っているではありませんか。世界というものを疑っていないというか。

ゴダールといえば、ものすごく難解で付いて行くのがやっとな映画ばかり撮っている、気難しいイメージの映画監督です。たしかにそうです。でもこんな朗らかな映画を撮っていた時代もあったんです。

実はこの映画が撮られた時期、ゴダールは主演のアンナ・カリーナと新婚ホヤホヤでした。
あるいはそれが本作にも関係しているかもしれません。とにかく明るいのです。

とはいえあくまで理知的なゴダール。こんな能天気な作品を撮りながらも、彼自身の愛するその他の映画作品に対する目配せも忘れていません。様々な作品からの引用が散りばめられています。ですので、映画マニアにもたまらない作品です。

ただ、レンタルビデオショップなどでたまたま手に取って観た、という方でも楽しめるのが本作のすごいところ。ゴダールの最近作については正直そう言える自信がありませんが、こんな作品を撮ってしまったという事実があるので、いくら難解な作品を撮ろうが、どうも憎めない監督なのです。




※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。