カトリーヌ・ドヌーヴが演じる、可愛く魅せる術を持つスリリングな悪女
『暗くなるまでこの恋を』

■監督
フランソワ・トリュフォー
■主演
カトリーヌ・ドヌーヴ、ジャン=ポール・ベルモンド
■DVD販売元
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン

1969年に公開されたフランスの映画「暗くなるまでこの恋を」は、ウィリアム・アイリッシュの小説「暗闇へのワルツ」が原作のサスペンス映画です。

■おすすめの理由
この映画は、パリでは不評だったそうですが、日本では大ヒットしたそう。

ハリウッドのリメイク版もあるのですが、やはりカトリーヌ・ドヌーヴと、ジャン=ポール・ベルモンドのコンビのほうが、しっくりきます。

物語は……

お見合い相手のユリー(カトリーヌ・ドヌーヴ)に一目惚れしたタバコ工場を営むルイ(ジャン=ポール・ベルモンド)。

彼女に惚れ込んでしまったルイは、自分の預金も自由に使えるようにしてしまう。

そしてある日、預金をほとんど引き下ろし姿を消すユリー。

調査をするうちに、ユリーは彼女自身ではなく偽物だということが判明する……

ユリーと偽って、ルイと結婚した女、マリオン・ベルガノは、孤児院育ちで監獄に入ったこともある、
金が全てという悪女……でも、騙されていたのに、そんな彼女に同情してしまうジャン=ポール・ベルモンド。

二人は小さな家を借りて再び暮らすのですが、お金が無くなってくると、
マリオンの地が表れてきてしまう。

そして毒入りのコーヒーを飲ませるマリオン……。

なんでこんなに何度も騙されるかな~とイライラしながら観るのですが、目的を達成するために自分の魅力をせいいっぱい出すカトリーヌ・ドヌーヴ演じる悪女がスリリングです。

可愛く魅せる術を持っている悪女は、タチが悪いなあ……と思いながらも、怪しげな魅力は否定できない感じ。

フランスの街並やファッションなど、舞台も美しく、とにかく映像がとてもきれいです。




※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。