沖縄を感じながら、三線を楽しんで学ぶことが出来る

 

初心者の方から上級者の方まで、講師の方が懇切丁寧に三線を教えてくれる


■体験プログラムの名称:三線体験(ASOVIVA)

三線は、胴の部分に蛇皮を張り、胴の尻から棹と呼ばれる棒に向けて三本の弦を張りわたして、弦を弾いて鳴らす、琉球文化を代表する楽器です。

中国南部・福建省由来の弦楽器である三弦(サンシェン)がその起源とされています。

現在、三線は沖縄県伝統工芸に指定されています。

そんな沖縄の伝統芸能、三線を体験してみてはいかがですか?

ここの三線体験の特徴は、他で行われている短時間の三線体験とは異なり、
70分間というまとまった時間で、「完全個別」でのレッスンという点です。なので、一人一人のペースに合わせて三線を学ぶことができます。

初心者の方から上級者の方まで、講師の方が懇切丁寧に教えてくれます。

また、体験スペースも、読谷の海を臨む景色の良い空間で、眼下に海や自然、沖縄を感じながら、楽しんで学ぶことが出来ますよ。

前日までのご予約制になりますが、当日空きがある場合は参加できます。


【問い合わせ先】
■ASOVIVA
HP:http://www.asobi-sanshin.com/lecture.html
住所:沖縄県中頭郡読谷村長浜 815-3
電話番号:098-958-7750
営業時間:午前 9:00・10:00・11:00、午後 13:00・14:00・15:00・1600(各時間6名様まで)
料金:一人様2000円(レンタル三線・テキスト代込み)

※画像のご提供:(財)沖縄観光コンベンションビューロー
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。