標高差の少ない山で手頃な山登りを

 

 

山の島とも呼ばれる屋久島。屋久島の山々は、それぞれの山が各々個性をもち、登山も異なった楽しみ方ができます。

屋久島で日帰り登山が通年にわたり楽しめる山としては、太忠岳、黒味岳があります。
太忠岳への登山は、標高1000mのヤクスギランド登山口から山頂まで、標高差500mという手頃な山登りです。

整備された遊歩道からはじまり、荒川の美しい渓谷を吊橋で渡って荒川の深い森へと進んでいきます。小花山の森、天文の森は、屋久島でも有数の屋久杉林。歩きはじめて、たったの1時間でこんなに深い森があること自体が屋久島なのです。

太忠岳の頂上は、天柱石の切っ先の形をしています。台座の石から見上げれば、今まで登ってきた疲れも吹き飛ぶようです。
 

 

黒味岳は、屋久島の中心に聳え立つ奥岳の一角です。標高1370mの淀川登山口から山頂まで、標高差460mの手頃な山登りを楽しみます。

山麓から山頂までさまざまな植物が豊富に生育する黒味岳は、初夏の新緑、紅葉の秋と、実に変化に富んだ美しい風景を楽しめる山として高い人気を誇ります。

※なお写真は屋久島野外活動総合センター様から使用許諾をいただいた写真を投稿しています。

■屋久島 日帰り登山ツアー

会社名:屋久島野外活動総合センター
住所:鹿児島県熊毛郡屋久島町宮之浦368-21
料金:15000円
電話:0997-42-0944
営業時間:9:00~18:00
定休日:”山の神祭り”の3日間(旧暦1/16、5/16、9/16)
HP:www.ynac.com/index.html

※データは記事公開時点のものです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。