小さい子でも遊べる、ルックス抜群の戦略ゲーム「パリナ」

main

美しい色彩とカタチは、竹ならでは?の東洋的な雰囲気が漂う

「これは鼓太鼓か、はたまた川魚の漁具か!?」……最初にパリナを見たときはちょっとびっくりでした。竹を編んで締め上げて作ったこのアジアンビューティなルックスに、いったいどんな遊び方が秘められているというのでしょうか?

このパリナ、実は戦略ゲームなのです。プレイヤーたちは各自自分の色を決めて「自分の色のボールを落とさないようにしながら、自分の色の棒だけを引き抜いて、敵のボールを落としていく」という遊び方でゲームを進めます。たとえば、あなたが水色ならば、水色の棒を引き抜いて「敵である赤、オレンジ、黄色のボールを落とす」。そのとき「自分の水色のボールだけを落とさないように」するのです。最後に自分のボールを残せたプレイヤーが勝利者となります。

このようにルールはカンタン。すぐに理解できる遊びやすさが○です。

対象年齢は3歳から。小さな子でも遊べます

しかし実際にやってみると、これがなかなかのハラハラ感!相手のボールを落とすためには、自分のボールをも犠牲にしなくてはならないこともあり、最後まで気が抜けません。

また、新たにゲームを始めるときは、プレイヤーが新たに棒を差し込んでいくのですが、毎回差し込みパターンが異なるので、そこにゲーム展開の違いが生まれます。つまり何度やっても楽しめるのです。
棒を引き抜く

相手のボール落下を狙い、棒を引き抜く!

メーカーの表示によると「3歳から遊べる」とのこと。残念ながら私はこのパリナで3歳のお子さんとの対戦経験はまだないのですが、5歳の男の子と遊んだときは、見事にこちらが負かされてしまいました。ボールと棒は4セットあり、2人か4人で遊べます。

竹という素材の魅力を感じよう