多種多様な笛が展示されている「笛資料館」で横笛づくり体験

 

 

日本史で有名な源頼朝・義経兄弟の異母兄にあたる源義平、通称鎌倉悪源太。
当時の“悪”は悪いという意味ではなく、強さや猛々しさを表す形容詞。

その名の通り、勇猛果敢で知られ、父・源義朝と共に平治の乱を起こして敗れた後、一旦落ち延びたものの捕えられ処刑された、源氏を代表する武将です。

この時代の有名武将の常として、義平にも各地に数々の伝説があり、福井県大野市に残っているのが義平が残したとされる青葉の笛伝説。

平治の乱で敗れた義平がこの地に潜伏していた間に一女を儲け村長の娘おみつに、平清盛・重盛親子を討つため再び京都に上洛する際、形見として遺したのが1本の横笛。

その笛が青葉の笛と呼ばれ、おみつの子孫である朝日家に今でも大切に保管されています。

大野にある笛資料館ではその青葉の笛のレプリカを筆頭に、篠笛、能管、竜笛の他、縄文・弥生時代の土笛など多種多様な笛が展示されており、横笛づくりも体験できます。

前日までに電話予約の上、訪問してください。

福井県より許諾をいただいた写真を投稿しています。

■笛づくり体験
住所:大野市朝日24-9
電話番号:0779-78-2041
営業時間:9:00~16:00
所要時間:2時間~3時間
体験料金:3000円(笛袋込)
休館日:月曜(祝日の場合はその翌日)、祝日の翌日、12月1日~3月31日
HP:www.city.ono.fukui.jp/page/hakubutsu/index.html

※データは記事公開時点のものです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。