金沢の味覚、「大野醤油」の工場見学

 

 

金沢の西端にある大野地区。藩政時代より醤油造りが盛んな地域で、嘗ては醤油五大生産地の1つに数えられたほど。最盛期には60を超える醤油醸造所が軒を連ねていました。

近年は大手醤油メーカーの大量生産に押され、醸造元も半分に減ってしまいましたが、地元金沢では今も変わらず大野醤油は市民に愛され、親しまれています。

我が家でも醤油と言えば、大野醤油の最古の醸造元である「直源」の“直っぺ”です。大手メーカーの醤油も使ったことがあるのですが、万人向けに造られているためか、味が濃すぎてすぐに“直っぺ”に戻しました!

金沢市内の割烹や寿司屋、居酒屋などの和食店でも大野醤油がブレンドして使われていたり、大野醤油=金沢の味覚と言っても過言ではないでしょう。
 

 

 

 

そんな大野醤油の工場見学では、大野醤油の歴史や特徴、製造方法について実際に工程を見ながら学ぶことができます。様々な用途に合わせた醤油の味比べもできますし、本店でしか手に入らない商品を購入することも可能。

珍しいものでは醤油ソフトクリームなんていうのもあります。醤油ソフトクリームは本当にここ大野でしか味わえないので、体験のあとは併設のカフェに立ち寄るのをお忘れなく!

※金沢市より許諾をいただいた写真を投稿しています。
※最新記事はこちら「地元感が魅力!金沢の醤油名産地・大野と海辺の町歩き


■醤油蔵見学
住所:金沢市大野町1-53
電話番号:076-268-1113(要予約)
見学可能日:月~金、第1、3土曜日(11月10日~年末年始、連休時期などは除く)
所要時間:約40分
見学料金:無料
HP:www.naogen.co.jp/kengaku.htm

※データは記事公開時点のものです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。