結婚している自覚はありますか?

結婚するときに、もう他の人とは恋愛をできない覚悟を!

結婚するときに、もう他の人とは恋愛をできない覚悟を!

何かを得れば、何かを必ず失います。結婚に限らず、仕事でもその他あらゆることでもそうです。

例えば、
結婚をすれば、「他の人との恋愛をする可能性」を失います。
子供が生まれれば、「自分の時間」を失います。

つまり、何かを得るということは、同時に何かを失う覚悟もしなくてはいけないものなのです。

その立場になれば、守らなくてはいけないこと、やってはいけないことも出てきます。
それができないというのは、その立場にいる自覚が足りないということです。
「自覚がない=その立場にいるのにふさわしくない」ということなので、その立場にいられる資格が取り消しになってしまうのは、時間の問題です。

人は弱いものです。
だからこそ、欲のおもむくままに進んでしまいたくなることもあるでしょう。
でも、その代償は必ずあります。
もし大切なものを失いたくないのであれば、もう少し大人として成熟し、理性で抑えられるようにならないと、最後は自分で自分の首を絞めることになります。


不倫妻に限らず、不倫夫も同じです。
奥さんが気づいてないと思ったら、大きな間違いですよ?
日本ではどこか旦那さんの浮気は許される傾向はありますが、自分の奥さんが許してくれるかどうかは「別物」です。
旦那さんを信じきっている奥さんほど、深く傷つき、旦那さんの顔を見たくもなくなる人もいます。
本来、守るべき存在を傷つけてしまったときの代償は、大きいものです。