猫は元々毛が抜けやすい動物です。特に春先から秋にかけては、とてもたくさん毛が抜ける"換毛期"を迎えます。家の中、あちこちに散らばる抜け毛、ソファーや洋服にも、いたるところに毛が落ちているので、猫を飼っている人が黒い服で出かける前には、全身コロコロ粘着テープで毛を取る重要な儀式が必要となります。
すっきりさっぱり

すっきりさっぱり


猫の健康を守るためにも必要なグルーミング

さて、この抜け毛。実は猫の身体にも、重大な問題を引き起こすことがあります。猫は自分で全身の毛を舐めてセルフグルーミング行いますが、この時期は抜け毛をいつも以上にたくさん舐め取って飲み込んでしまいます。通常は、毛球を吐いたり、ウンチなどに混ざって毛は体外に排出されますが、量が多かったり、タイミングが悪く吐ききれなかったものが胃や腸にたまってしまうと、さぁ大変!

「なんだか食欲がないなぁ~」
「いつもよりおとなしいけど、どうかしたのかな?」

心配になって、動物病院に連れて行っても、毛球はレントゲンにも映らないので、なかなか原因が特定できず……なんてことにもなりかねません。

猫の毛が抜ける時期になったら、いつも以上に丁寧にグルーミングして、一気に毛を落としてしまいましょう。また猫の身体を触わることで、猫の健康コンディションもチェックしておきましょう。

用意するもの

コーム(クシ)でもいいですが、この写真で使用しているファーミネーターと呼ばれる器具を使うとムダ毛がおもしろいように取れて便利です。クシ状になっている部分は短いので、猫の皮膚に負担はかかりません。力は入れず毛並みに沿って流していくだけで、ワッサワッサ毛が取れます。5分も梳かすと、ホラこのとおり。オーバーコートと呼ばれる外側の硬い毛だけでなく、内側のアンダーコートも取ってくれる優れものです。
ファーミネータでごっそり毛が取れます

ファーミネータでごっそり毛が取れます


すっかり軽くなったら、次は、コロコロの粘着テープ。猫に使うときは、あまり強力なタイプでないテープを選んでください。こちらも毛並みに沿って優しく転がします。これで表面に浮いている毛もすっきり。
コロコロ,気持ちいいよ~

コロコロ,気持ちいいよ~


でも、わざわざこのような道具を購入しなくても、実は素手でも毛はたくさん取れます。この時にポイントは、手を少し湿らせておく事。身体を触られることが好きな猫だったら、毎日5分、手のひらや指での全身マッサージで、むだ毛も落としてしまいましょう。この時も方向は猫の毛並みにそって行ってください。

毛玉を吐き出させやすくするもの

猫の草といった名前でエン麦などが販売されています。全く興味を示さない猫もいますが、もし猫が好むのであれば与えても良いでしょう。この草の葉っぱには細かいトゲトゲがあって、これが胃を刺激し、吐きやすくさせます。特に栄養になるわけでもないので、どうしても食べさせなければいけないものではありませんが、吐きたそうにしてもなかなか吐けないときなどに与えると、吐きやすくなります。
このほかにも胃の中の毛を排出させやすくなるサプリメントなども販売されています。

最後の手段はシャンプー

毎日毎日コーミングして、手グシをしても後から後から抜ける毛。また、体がべたついてきたなと感じたら、シャンプーしちゃいましょうか。

シャンプーのコツは
1.短時間で終わらせるために、シャンプー剤やタオル、ドライヤーなど必要な道具は先に準備しておく
2.爪を切り、耳掃除を済ませる
3.猫の全身が浸かる大きめの桶などにシャンプー剤を溶かしておき、猫をゆっくり入れて毛に水分を馴染ませる
水を怖がって暴れるようなら、その桶の中でシャンプー剤をつけ、地肌をマッサージしながらもみ洗いする
4.シャンプー剤は、毛がキシキシ感じるほど丁寧に何度も洗い流す
5.お酢を数滴垂したお湯に浸して、リンス代わりにする
6.タオルを何枚も使い、水分を取り、猫が嫌がらなければドライヤーを使い丁寧に乾かす

これでさっぱり、ふわふわに~!
となりますが、完全に乾いたら再度丁寧にコーミングしてください。ここでもたくさん毛が抜けます。
シャンプーは最後の手段

シャンプーは最後の手段



できれば、梅雨の晴れ間などに、猫のお手入れを済ませておき、蒸し暑い夏を少しでも猫が快適に過ごせるように工夫してあげてください。




■All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※2021/6/1~2021/6/30まで

・【誰でも回答可】「毎月の家計についてのアンケート」に回答する
抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント

・【40歳以上限定】「相続と親の資産管理についてのアンケート」に回答する
抽選で20名にAmazonギフト券1000円分プレゼント

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ペットは、種類や体格(体重、サイズ、成長)などにより個体差があります。記事内容は全ての個体へ一様に当てはまるわけではありません。