交通・アクセス

タキシムメトロ

もはやなくてはならない庶民の足・地下鉄のヨーロッパ側中心拠点

タキシム広場では、2012年11月よりかなり大がかりな立体交差の工事が行われています。このため、車で行こうとすると時間帯によってはかなりの渋滞に巻き込まれる可能性が大。タキシムへのアプローチはバスを除く公共交通機関を利用するのがおススメです。この工事は2013年6月完成を目指しているということですが、トルコの場合は工事完了日程が大幅に遅れることも珍しくありませんので、行く前には確認を。

イスタンブールカルトゥ

公共交通機関がうまく使える地区なので、数日滞在ならイスタンブールカルトゥは必須!

とはいっても、イスタンブール地下鉄網の中心地であるタキシム広場。公共交通機関があまり発達していないイスタンブールの中では、それでもアクセスがいい場所といえます。タキシムからは商業地区レベントにも通じている地下鉄M2線、アジア側行きのフェリーに乗れるカバタシュにつながるフィニキュレル(地下ケーブル線)、イスティクラル通りをトゥネル広場まで貫通しているノスタルジック・トラム、トゥネル広場からはトルコ最古最短の地下鉄トゥネルがカラキョイまでつながっていいます。タキシムをハブに、公共交通機関でたいていのところには行ける便利な立地でもあります。

スルタンアフメットとタキシムの行き来も、モダン・トラムとフィニキュレルを利用して簡単に往復できます。

イスタンブールの市内交通についてはこちら>>>イスタンブールの市内交通・空港からのアクセス

タキシム・ベイオールの治安

抗議活動

大規模デモになるとこんなことにも

イスタンブールの中心地であるタキシムだけに、それなりの危険もあります。例えばイスティクラル通りは左派の人々にとっては抗議活動の聖地。毎日のように大小様々なデモが行われています。このため、イスティクラル通りには常時警察隊が待機していて、私服警官が通りを常にチェックしているという実情も。このため、許可を得ていないデモや大規模な抗議活動が行われると警察隊と衝突する場合もしばしばあります。トルコ警察は多くの場合催涙ガスを多用するため、こうなるとゆったり散策とは言っていられなくなります。ロボコップ的な警官隊が活動開始するような場合には、どこか安全な場所に避難しましょう。

タキシム警官隊

常時待機の警官隊たちが出動するときは要注意

この他、タキシム・ベイオール地区で多発している犯罪としては銀行のキャッシュディスペンサー詐欺(使い方が分からずまごついているところを助けてくれるように見せかけ、カードをすりかえ)、スリ、置き引き、暴力バー、睡眠薬強盗など。つまり、大都市にありがちな犯罪はここでも一通り起こりがちなのです。いつも持ち物や貴重品には十分気をつけ、見知らぬ人からの誘いには慎重に対応しましょう。

2013年6月に盛り上がりを見せたタキシム・ゲジ公園の反政府デモについてはこちら>>>イスタンブール情勢、ゲジ公園抗議デモの影響

トルコの治安についてはこちら>>>トルコの治安