6ヶ月~3歳頃まで使えるハイシートタイプ

普通の椅子に近い座面角度にすることもできる

普通の椅子に近い座面角度にすることもできる


エクスプローリーと共通のシートを付ければ、子どもと非常に目線が近い対面ベビーカーに。座幅・奥行きがゆったりとしたシート設計と高さの変えられるフットレストで、身長90cmを超える3歳頃でもステップから足がはみ出ることなく、十分対応できそうです。

座面が高いので、カフェなどのテーブルを一緒に囲める

座面が高いので、カフェなどのテーブルを一緒に囲める

フレーム(シャーシ)自体がしっかりと頑丈にできているので、ある程度大きくなったらフットレストをステップにしながら、自分で乗り降りできるというのもストッケならではの特長かもしれません。

目立ちにくいのですが、ストッケのシートは子どもが自然な体勢で座れる点が大きなメリットです。多くのベビーカーの場合、背もたれを最も起こした状態でも座面の奥がやや下がり、身を寄りかからせて乗るシート形状になっています。これは重心バランスの調整のほか、子どもが身を乗り出しにくくして安全面に配慮するという理由があるのですが、逆に言うと身を乗り出したがる子にとっては座り心地の悪いものになりかねません。

ストッケ クルージでは、シートのリクライニング角度(シート全体の角度)を5段階に変更できますが、最も立てた状態ではほぼ直立となり、子どもがある程度自由に身を起こすことができます(もちろん、5点式シートベルトを備えて転落しにくいようになっています)。ある程度身を乗り出しても大丈夫、それよりも子どもの居住性を重視するという設計は、家具から始まったストッケの歴史とものづくりへの自信の現れかもしれません。

■この使い方の場合の製品価格と重量
ストッケ クルージシャーシ 6万9300円(8.6kg)

ストッケ エクスプローリー&クルージシート 4万9350円(3.8kg)
= 計11万8650円(12.4kg)

>> セレブのような、赤ちゃんの寝心地第一の組み合わせ