日本を代表する和の灯り

四つ目もち形ペンダント

写真1.四つ目もち形ペンダント(ホワイトボール電球使用)

西荻窪 ギャラリー「蒼」』でも予告しましたが、近代照明史、工芸史に残る著名な作家、「竹のあかり」の近藤昭作の個展が2013年5月17日(金)から6月2日(日)にかけて杉並の蔵のギャラリー「蒼」にて、開催されます。

近藤氏は戦後間もなく、「竹のあかり」の制作に着手します。「竹のあかり」の竹は農具の竹かごなどを作る繊維の粗いものではなく、繊維の細かい九州の真竹を使っています。品質が良く太い真竹は温かい九州に産すると近藤氏は言います。これを細かく裂いて編むことで、軽くて弾力性に富み、強靭な性質を持ち、磨くと控えめな光沢を発する特徴を持ちます。
透過・反射の光が美しい

写真2.透過・反射の光が美しい


近藤氏は1959年に初めて「竹のあかり展」を渋谷で開催しています。その数年後の1961年に当時ヤマギワ株式会社(現社名:株式会社YAMAGIWA,以降ヤマギワ)社長の小長谷兵五氏が、西荻窪にある洋食レストランこけし屋で「竹のあかり」を目にしたことがきっかけとなって、「和風シリーズ JAPANESE TYPE SERIES」としてヤマギワから商品化されます。

しかし、デザインから製作には一切、ヤマギワは関わることがなかったそうです。近藤氏は後に「専属だったが非常に良い関係であった。」と言っています。販売が開始されてから、「竹のあかり」は世に広まり、経済復興と成長に伴い一世を風靡します。

1960年代初頭とは、日本の住宅照明は白熱灯からランプ効率に優れ、寿命の長い蛍光灯に移り変わろうとしている頃で、その後の蛍光灯の普及速度は世界も目を見張るほどの勢いでした。そのような中でも近藤氏の「竹のあかり」は白熱灯の光に拘りつづけていました。

「竹のあかり」は故イサム・ノグチ氏の「Akari」とともに日本を代表する和風の照明器具作品として、東京国立美術館をはじめ各美術館に出展されたほどの名作です。

次の頁では、「竹素材の美しさが活きる灯り」についてご紹介しています。