外観・操作性の互換性は?~Office 2003とリボンの両方に対応

「キングソフト オフィス 2012」の最大の特徴は、Office 2003のメニューとOffice 2007以降で採用された「リボン」の両方に対応していることです。[UI切り替え]ボタンをクリックすると、メニューのタイプを選択できます。
 
[UI切り替え]ボタンをクリックします

[UI切り替え]ボタンをクリックします

 
Office 2003形式のドロップダウンメニューにするか、リボン形式にするかを選択できます。なお、設定が有効になるのは、次回起動時からです

Office 2003形式のドロップダウンメニューにするか、リボン形式にするかを選択できます。なお、設定が有効になるのは、次回起動時からです


なお、設定を変更してもすぐには変更されず、次回のアプリケーション起動時にメニューが変化します。Office 2003に慣れていればドロップダウンメニューを選択すればよいですし、Office 2007以降に慣れていればリボンを選択すればよいでしょう。

メニュー構成がまったく同じというわけではありませんが、メニューの並び等も十分に検討されていますので、操作を新たに覚え直す必要はまずありません。操作性については、本当によく考えられているといってよいと思います。
 
Office 2003と同じドロップダウン形式のメニューです(画面はSpreadsheets 2012)

Office 2003と同じドロップダウン形式のメニューです(画面はSpreadsheets 2012)

 
こちらはExcel 2003で同じメニューを開いたところです。メニュー構成はほとんど同じです

こちらはExcel 2003で同じメニューを開いたところです。メニュー構成はほとんど同じです

 
リボン型のメニューです(画面はPresentation 2012)

リボン型のメニューです(画面はPresentation 2012)

 
こちらはPowerPoint 2007で同じリボンを表示したところです

こちらはPowerPoint 2007で同じリボンを表示したところです


ファイルの互換性は?~印刷物を作るパーソナルユースならまず問題ないが、企業導入は慎重に