結婚式にかかる費用は高額になりがち。2人でよく話し合って結婚式を決めたい

結婚式にかかる費用は高額になりがち。2人でよく話し合って結婚式を決めたい

結婚を考えるカップルにとって、結婚式は両家の親戚や会社関係、友達へのお披露目も兼ねた一大イベント。自分達のために祝ってくれる参列者に対して感謝の気持ちを込めた式にしたいものですね。

とはいっても、気になるのが費用。節約モードでゲストに不快な思いをさせるのは避けたいところ。ゲストに満足してもらいながらもしっかりと節約ができるような、結婚式をお得に挙げる方法をご紹介しましょう。

結婚式の費用、300万円~450万円が46%!

結婚式にはどのくらいの費用がかかっているのでしょうか? 「ゼクシィ 結婚トレンド調査2012(リクルート社調べ)」によると、挙式、披露宴・披露パーティ総額の平均は約343万円とのこと。その平均あたりの分布をみてみると、300~350万円未満は15.1%、350~400万円未満14.4%、400~450万円未満16.6%となっています。なんと、全体の46%が300万円から450万円の間ということになります。

また、見積金額より実際に支払った金額が上がった人は全体の76.5%。上がった金額はプラス100~120万円未満が一番多くて21.6%、次にプラス40~60万円未満が18.0%という結果になっています。

何も考えずに結婚式を決めていくと、かなりの予算オーバーになるのは目に見えていますね。ここは賢く予算内におさめる努力が必要なようです。

結婚式をお得に挙げる方法1 : 日程
いつ挙げるかで大きく変わる

結婚式の費用をなるべく抑えるために一番に考えたいことは、結婚式の日取り。日程によって費用はかなり違ってきます。

一般的に結婚式があまり行われないシーズンや日、時間帯には割安プランなどが多くそろっています。夏や冬のオフシーズン、仏滅や平日は多くの会場でお得なプランがあります。混雑していない会場でゆっくりと式を挙げられるので、日程にこだわらない人にはおすすめです。

また、夜に挙式をするナイトウェディングも注目です。結婚式は昼間に集中するので夜の式は安くなるところがあります。昼よりも夜のほうが参列者も出席しやすい場合もあります。式の食事が夕食となり、よりパーティ色が強くなるので趣向をこらした式なども良さそうです。

このように、日や時間を変えるだけで10万円単位で料金が安くなりそうです。ただし事前に親や親戚には確認しておいたほうがいいですね。人が嫌う日時にお祝いごとをするのを嫌がる人も多くいます。いつ式を挙げるかで、親や両家とトラブルになるのは避けたいところです。

結婚式をお得に挙げる方法2 :
会場下見は充分に、特典を利用して

会場選びも慎重に行いましょう。式場選びはお得な結婚式をあげるための最大のポイントです。「ゼクシィ結婚トレンド調査 2012首都圏(リクルート社調べ)」によると、挙式、披露宴・披露パーティ総額の平均は、一般の結婚式場で374万円、ホテル372万円、レストラン299万円、ホテル・式場・会館内のレストラン237万円、ハウスウェディング(ゲストハウス)423万円という結果になっています。会場をどこにするかだけでも、100万円程度の差がでてきそうですね。

各会場ではブライダルフェアが行われているので、これを最大限に利用しましょう。中にはフェア参加者に特典がつくところもあります。料理1品サービス、お色直し1着サービスなどかなりお得なものもあるので利用してください。

また、相談の時に予算の金額を明示することが大切。オプションを利用した一般的な挙式では、見積額からどれくらいプラスになるかをチェックしましょう。また、衣装や引き出物などの持ち込み料も確認しておきましょう。


お得に結婚式を挙げる方法、まだまだありますよ。次のページでご紹介します。