■人生の4大転機をあげてみると?

 人生には少なからず大きな転機が訪れるものです。自分から望んでそうなる人もいれば、巻き込まれる形になる人もいるでしょう。

 転機が訪れたそのときは目の前のことで手一杯な場合がほとんどです。私自身も転職のときはそうでした(考えてみると、結婚したときもそうだったな。そのアトも)。人生の転機にはいろんな手続きや新しい環境への対応に追われてしまいがちなのです。その時は、忙しかったり、うまくいっていたり、あるいは幸せだったりして、先のことを考えることができないのも当たり前かもしれません。

 しかし私自身、今になって考えると、そうした人生の転機に将来のことも視野に入れておけばよかったなと思います。少し将来のこともイメージして準備しておけば、その後の人生がずいぶん楽になったのではないかと思うわけです。単純に知らなかったから損をしたということもあります。

 ところで、大きく未来予想図(つまりライフプラン)を変えるような人生の転機はどんなものがあるでしょう? 私は以下の4つを挙げたいと思います。

   1:結婚
   2:転職(退職)
   3:子の誕生 (後編で掲載)
   4:住宅購入 (後編で掲載)

 いずれも、その後の人生を大きく左右する転機です。いつもの道を歩いていても、いつもと違う角をひとつ曲がるだけで全然違う小路に迷い込んでしまうことがあるように、人生の選択はときにひとりひとりの将来の可能性を大きく変えてしまうことがあります。

 今日のコラムでは代表的な4つの人生の転機に、それぞれどんなことを考えておけばよいのか(一部実体験コミで)、まとめてみました。


(最初は軽くまとめてみようと思ったのですが、思ったより長くなってしまったので、リンクをたどって自分に関心あるトピックスをチェックしてみてください。)