ソフトバンク「SoftBank 4G LTE」は
iPhone 5の料金をお得に設定

ソフトバンクの高速通信「SoftBank 4G LTE」の基本使用料(通話料金)は、ソフトバンク同士なら1:00~21:00までの国内通話が無料になる2年契約の「ホワイトプラン」(月額980円)がおすすめ。21:00~1:00の時間帯や他社ケータイ、固定電話などへの通話は30秒あたり一律21円になります。よく通話する相手が他社ケータイや固定電話が多いなら、2年契約の「タイプXにねん」(月額780円)を選ぶこともできます。こちらも通話料は30秒21円です。

パケットプランは月額5985円の定額プラン「パケットし放題フラット for 4G」と、月額2100~6510円の2段階プラン「パケットし放題 for 4G」があります。「パケットし放題フラット for 4G」は、キャンペーン期間中であれば、最大2年間、月額5460円で利用できます。iPhone 5の場合は、「パケットし放題フラット for 4G LTE」が常時、月額5460円で利用できます。

いずれも1カ月のデータ量が7GBまでの制限があり、制限を超えた場合は月末まで通信速度が送受信時最大128kbpsと遅くなるか、別途申込み(7GB超過後2GBごとに2625円)することで、SoftBank 4G LTEエリア内での受信時最大75Mbps、送信時最大25Mbpsの高速通信を維持できます。

テザリングには月額525円が必要になりますが、iPhone 5で「テザリングオプション」を申し込まない場合は「4G LTE 定額プログラム」が適用され、7Gバイトを超えても通信速度制限はかかりません。

■ソフトバンク「SoftBank 4G LTE」料金プランイメージ
ソフトバンクLTE料金図

※ソフトバンクのiPhone 5も同じ料金プランになります。


【関連サイト】
ソフトバンク 料金・割引


ほぼ横並びの各社のLTEプラン
決め手はよく通話する相手先

高速料金イメージ写真

高速通信のプランについて説明します!

このように各社のLTEプランはほぼ同様の内容で、料金は月額7000円前後。キャンペーン期間中の申し込みだったり、割引サービスを利用することで、この金額よりも多少、お得にすることができます。パケット料金は通常の使い方であれば、7GBを超えることはまずないでしょう。

LTE端末の購入を機に、他社への乗り換えを考えるなら、決め手はどのキャリアに電話することが多いかということ。LTEプランでドコモにも話し放題のプランが登場したので、話し放題のプランをどれほどうまく活用できるかで、ケータイ料金をお得にすることができます。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。