知っておきたい、パラオの基本情報

パラオ

ロックアイランドが寄り集まった景勝地、セブンティアイランズ。ここは上陸はできないけれど、空からの遊覧飛行は感動的

日本から直行便なら、たったの約4時間30分。同じミクロネシアのグアムやサイパンと比べると、今ひとつ馴染みの薄いパラオ。とはいえ、世界中のダイバーの間では大物を狙えるハイパーなダイビングスポットとして、横綱クラスの知名度と人気を誇っています。もちろんダイバーでなくても、ここにしかない大きな自然を舞台に、海に、山に、遊べます。ユネスコ世界遺産に2012年にも登録されたパラオについて、旅行前に知っておきたい基本情報と日本からのアクセスについてまとめました。

世界遺産・パラオの魅力

パラオ

ミズクラゲやタコクラゲがふわふわ浮かぶジェリーフィッシュレイク。毒性が低く、水着でもOK

パラオ

ロックアイランドの一画、ミルキーウェイ。真っ白な海泥は美白効果が高いとされています

穏やかなラグーンに水面でキュッとすぼまったブロッコリーのような島々がぽこぽこと浮かぶ風景が、パラオのアイコン。水面下に目を向ければ、385種以上のサンゴに濃厚な魚影、マンタや時にカジキまでも訪れるハイパーな海が広がっています。まさにダイビング天国! さらにクラゲがうようよと浮遊する幻想的な湖”ジェリーフィッシュレイク”や美白効果もあるという海泥が沈殿した海域”ミルキーウェイ”など、世にも不思議な自然も。

そんな豊かな海に加え、独自の文化が認められ、2012年、パラオは複合遺産としてユネスコ世界遺産に登録されました。

 

サーフスポットとしても人気のパラオ

パラオ

天然の地形を活かして造られたイルカと遊べる施設、ドルフィンズ・パシフィック

近年は、サーフスポットとしても人気が上昇中。まだ穴場な存在なので、混雑しらずで波乗りできます。また、トレッキング気分が楽しめる滝やイルカと遊べるスポット、干潮時に島と島を結ぶ白砂の道”ロングビーチ”など、ダイバーやサーファーでなくても楽しめます島々です。

 

パラオ

ベラウ国立博物館のアバイ(パラオの伝統的な建物)。島に伝わる伝説や物語が描かれています

そしてアクティブに遊んだ後は”ミルキーウェイ”のコスメを使ったスパや、シャコ貝やウカイブ(こぶりのカニ)、タロイモなどを使ったパラオ料理など、島ならではのグルメも。

ショッピングモールやクラブはないけれど、地球でもここにしかない極上の自然が待つパラオ。それが、日本から直行便なら約4時間30分なんて、行かないテはありません!