パーク24は50%上昇中!

パーク24(4666)は2012年9月27日にご紹介しました。(参照記事「カーシェアリングで注目のパーク24」)株価1276円から4月18日現在1920円まで50%上昇中です。この間、2012年10月期の決算は12月13日に発表され、2012年11月から2013年4月の中間期の決算は5月30日に発表予定です。

カーシェアリングは18万人超え

特にこの間、カーシェアリング活用者は2012年5月に11万人であった利用者は2013年3月現在18万人を軽く超えてきました。徐々にタイムズ駐車場やカーシェアリングの説明など所々で目にするようになっているかと思います。特に電車と車を使う「レール&カーシェア」はいろいろな場面で使うことの出来るサービスで今後更に注目されそうです。たとえば、通勤には電車を使って、都内に来て、週末金曜日夕方には車を使って、どこかに行き、帰りはまた電車で帰る、なんて使い方が簡単にできます。

レンタカーを借りるほどではないが、車を使いたいなと感じる機会はいろいろありそうです。特にパーク24のタイムズ駐車場という何処にでもあるインフラを使ってこのような新しいサービスが提供されると、皆が使いたくなるサービスになりそうです。

特に事業面から考えると、既存の駐車場を活用していくため、駐車場コストが実質不要で、しかもタイムズの稼働率を見ながら、対処でき、稼働率を高めていくことができるのはほかの事業者には出来ない展開で、パーク24のタイムズならではといえそうです。

カーシェアリングだけでなく多角化推進中!

タイムズというと時間貸し駐車場のイメージしかない人が多いと思いますが、法人向けサービスや、レンタカー、カーシェアリング、レスキューなど車に関連する事業を幅広く展開、強化中です。特にパーク24のレンタカー展開は「マツダレンタカー」を2009年3月に子会社化。今年4月には「タイムズカーレンタル」になり、名実ともにタイムズのブランドに統一。マツダだけではなく車種も充実させマツダからの脱却を想定。またレンタカー事業はタイムズ駐車場で展開しているカーシェアリングとともに活用の場を広げ、6時間以上の長時間利用の場合はレンタカー、短時間の場合はカーシェアリングと利用を分けていく展開が想定されます。

【関連記事をチェック!】
6月に注目!幼児教育無償化の関連銘柄はコレ
キャッシュが実力!株初心者が5分でわかる決算書入門
投資家が毎月25日14時に注目すべき情報とは!


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。