カンブリア宮殿というテレビ番組をご存知でしょうか?
毎回躍進する企業の社長が取り上げられ、躍進の秘密について解説する番組です。テレビ放送をきっかけに知名度を高め一気に飛躍するベンチャー企業や中堅企業もあり、そのためテレビに取り上げられた企業の株価は上がりやすいと言われています。そこで今回はカンブリア宮殿に取り上げられた企業の株価が、番組放送後どのように動いたかについて検証を行いました。

カンブリア宮殿で取り上げられた銘柄は?

カンブリア宮殿で取り上げられた銘柄はトヨタ自動車やソニーなど日本を代表する企業やユニクロでおなじみのファーストリテイリング、ぐるなび、グリー、ミクシィなど社歴の比較的浅い企業など2006年以降64銘柄取り上げられています。今回はテレビ放送の効果について検証を行うためそのなかからいくつかの企業をピックアップして検証を行いました。

検証の条件は以下のとおりです。

【買いルール】

テレビ放送後の翌日、寄付き成行注文で買い
【売りルール】
90日経過後の翌日に成行注文で売り
【資金配分】
1銘柄あたり100万円に金額を固定して投資を行う

まずは09年11月に放送されたぐるなび(2440)の結果を見てみましょう!