アベノミクスによる幼児教育の無償化

まいど、相場の福の神こと藤本です。株式市場は、半歩先読みすることが重要です。アベノミクス相場では、政府・与党がある重要な施策を決定する可能性があります。それは、「幼児教育の無償化」です。
くらし☆解説undefined「どうなる?幼児教育の無償化」(出典:NHK)

くらし☆解説 「どうなる?幼児教育の無償化」(出典:NHK)

NHKの解説委員室に、詳しい説明があります。

くらし☆解説 「どうなる?幼児教育の無償化」

民主党の「こども手当・高校無償化」に対抗して、自民・公明の政権与党の政策として、夏の参議院選挙までには、何らかの方向性を打ち出す可能性が高いと思います。

もし、「幼児教育の無償化」の方向性が打ち出された場合、その関連銘柄は上昇する可能性が高そうです。今回は、幼児教育無償化関連の3銘柄をご紹介しましょう。

【2749】 JPホールディングス (東証1部)

保育園や学童クラブの運営最大手です。幼児教育無償化になれば、同社が最もメリットを享受しそうです。

株価 2250円(4月11日終値)
予想PER(連結) 44.9倍
PBR(連結 ) 9.08倍
予想配当利回り 0.71%
時価総額  約375億円

●株価チェック

日足チャート(出典;Yahoo!ファイナンス)

日足チャート(出典;Yahoo!ファイナンス)

きれいな右肩上がりの上昇相場が続いており、押し目待ちの押しなしの状態。但し、株価指標的には既に割高な水準まで買われています。6月に幼児教育無償化が決定して、ガツンと上がれば、目先の高値となる可能性が高そうですね。

【2152】 幼児活動研究会 (JASDAQ)

幼稚園・保育園での体育指導や幼稚園・保育園の経営コンサルティングも行っている会社です。

株価 3335円(4月11日終値)
予想PER(連結) 12.9倍
PBR(連結 ) 1.38倍
予想配当利回り 0.77%
時価総額  約45億円

日足チャート(出典;Yahoo!ファイナンス)

日足チャート(出典;Yahoo!ファイナンス)

●株価チェック
2月5日に3940円の高値を付けてからは、乱高下しています。株価指標的には、特に割高感もないため、「幼児教育の無償化」が決まって、四千円の大台を抜ければ、一段高も期待出来そうです。

【9792】 ニチイ学館 (東証1部)

医療事務受託の最大手で、介護事業も手掛けています。「病院内保育所」や「企
日足チャート(出典;Yahoo!ファイナンス)

日足チャート(出典;Yahoo!ファイナンス)

業内保育所」も手掛け、保育サービス関連の一面も。

株価 856円(4月11日終値)
予想PER(連結) 21.2倍
PBR(連結 ) 1.06倍
予想配当利回り 2.13%
時価総額  約616億円

●株価チェック
昨年11月14日以降3月15日高値937円を付けるまでは、きれいな右肩上がり。その後は、反落、4月2日に763円の安値を付け、その後は戻り歩調となっています。900円近辺での出来高が大きく、抵抗帯となりそうなため、この水準を抜けてからの買いが良さそうです。

【関連記事をチェック!】
出遅れの高額消費銘柄はコレ!
実は、株価のピークは2~3カ月で終わる
円安相場のあとにくる注目銘柄は?
イマドキの消費動向からこれからの流行を探る

*正確かつ信頼しうると判断した情報源から入手しておりますが、その正確性または完全性を保証したものではありません。
*藤本が個人的な考えを掲載したものであり、藤本が所属する機関、組織、グループ等の意見を反映したものではありません。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。