タイムズ駐車場で有名なパーク24(4666)

パーク24(タイムズ駐車場)というと、目にする機会も多く、ご活用されている方も多いと思います。今、パーク24は新たな展開に入りつつあります。従来型の駅前立地型の駐車場のみならず、ホテルや病院、大型商業施設、銀行、駅、公共施設などとの提携で事業の幅を広げています。

特にここに来て注目されているのは、様々な大型の駐車場施設がタイムズ化していること。聖路加病院などの病院施設を始め、各種市役所や区役所などの総合庁舎、JRの各駅、ベイシェラトンホテル、ウェスティンホテル、イオンショッピングセンターなどなど従来型の省スペース型駐車場のみならず、大型の駐車場を続々と取り込んでいます。

これらの施設は立地も良い場合が多く、カーシェアリング需要がある地域であれば、今後の展開に大きな期待が持てます。

特にホテルなど宿泊施設や電車などと連携させるカーシェアリングサービスは今後、大きく発展していく余地があります。

注目はカーシェアリング事業

全国には1万ヵ所を超えるタイムズ駐車場(11334カ所、37万台の駐車スペース)がありますが、このタイムズ駐車場を順次、カーシェアリングサービスも兼ねるタイムズプラスに変えていくことで新たな成長ステージに入る可能性があります。実際にはタイムズプラスはまだ3000ヵ所、4000台に過ぎませんが、このタイムズ駐車場のスペースが既にあることがカーシェアリングサービスを展開する上で絶対的に優位になることは間違いありません。

特に注目されるのは、観光地の駅周辺のタイムズプラス。電車で乗って出かけて、レンタカーのような感覚で現地で車を利用することができます。会員になっていれば安い値段で活用できます。また、ホテルなど宿泊施設のタイムズプラスはマイカー感覚で活用できます。

カーシェアリング利用者は急激に増加中

従来型のマイカーを持たない方がたまに活用するという以外にも色々な使い方が提案されてきており、利用者も増加の一途をたどっています。利用者はまだ11万人に過ぎませんが、今後活用方法が浸透してくれば一気に普及していく可能性が十分ありましょう。

カーシェアリングというとマイカーを保有している人には関係ないと思っている方もいらっしゃいましょう。しかし、普段、車を使いたいなという場面はたくさんあります。電車で行って、買い物をした後だとか、旅行先だとか、観光地、仕事場、とかシーンに応じて色々な局面でちょっと車があったら便利だなと思う場面は誰もがあるはず。

レンタカーを借りるほどでもない、こんな場面がたくさんあるならば、カーシェアリングは一考の余地があり、しかも近くのタイムズ駐車場に乗り捨てできるとなったら大変便利な世の中になります。そこまでの道のりはまだありますが、そう遠くない将来に実現していく可能性が十分ありましょう。

そしてもう一つ面白いのが、乗ってみたい車をマイカー感覚で乗れることです。実際、「アクア」や「プリウス」をはじめ、「MINI」や「BMW」といった 車種まで15分単位で利用できることは便利です。

料金は初回1500円、月1000円で、あとは乗るときだけにかかります。乗るときには15分単位で最低200円。予約も携帯やパソコンで簡単にできます。

レンタカーと似てはいますが、短時間でも気軽に利用でき、ガソリン代も不要、予約も簡単、利便性のいい場所(タイムズ駐車場があるとこと)にあるなどが特徴です。
新たな展開に入ってきたパーク24(4666)は1276円で100株単位で購入が出来る株です。約13万円で購入が可能ですので、検討してみてはいかがでしょうか。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。