企業の本音は35歳まで?それとも…

alt

もうすぐ35歳。プレッシャーを感じる?

結婚に「適齢期」なんていらないけれど、転職には「適齢期」があります。なぜなら、結婚には年齢の差を超えたカップルがまれに誕生しますが、転職の場合、求人企業が年齢制限をかたくなに守ろうとする傾向がいまだに強いからです。このため、35歳転職限界説がささやかれるほどです(これは必ずしも正しくありませんが)。

実際、転職を考えるとき、35歳という年齢は意識する必要はあるのかもしれません。というのも、最近でこそ減ってきましたが、以前まで新聞や求人情報誌に掲載される求人広告には「応募は35歳まで」と書いてあることが珍しくありませんでした。ただ、よく考えてみてください。「35歳まで」という表現自体、実はとてもあいまいなメッセージであると思わないでしょうか。応募者の中には36歳や37歳でもギリギリ応募してもOKではないかと思う人もいれば、生真面目な人ならばたった1年の違いでも応募はあきらめなければならないと思うかもしれません。

実際のところ求人企業がターゲットにしているのは28歳前後であるということもよくあるものです。つまり、35歳だろうが37歳だろうが、実はどちらも最初からアウトなのです。組織のバランスから見て、今回採用したい対象は28歳くらいの人物であるというのが、その求人広告には記載されていない真実だったりもするのです。

このように、35歳までに転職を実現することを多くの人が意識していることは、まぎれもない事実でしょう。

35歳を過ぎた人の転職事情

alt

年代に関係なく転職はするもの

では35歳を過ぎた人が意識する転職適齢期の年齢は、どのタイミングで訪れるのでしょうか。比較的多い意見は、39歳までに転職したいという人です。つまり、転職希望者の意識としては、「40代になる前まで」というのが、最後の砦なのかもしれません。ただし、これは主に初めての転職をする人の話であり、すでに20代から30代にかけて転職を何度か経験しているような人にとっては、必ずしも39歳という年齢を意識してはいないようです。実際、40代のビジネスマンは50歳になる前に転職したいと言うようにもなります。

さて35歳を過ぎた人が自らの転職適齢期を考える場合、どうしても求人企業の採用に対する考え方を知っておく必要があります。実際、30代後半というのは、多くのビジネスマンにとってひとつの転機を迎える頃です。つまり、それまでの10年以上のビジネスマンとしての経歴と実績に加えて、管理職としての素養と実績が問われ始めます。というのも、中には管理職としての実績を持っている人も出てくる年代であるからです。