説明しないと分かってもらえないほどのレアもの「コイル切手」

 

 コイル切手

コイル切手をご存じでしょうか?

最近では自動販売機用に、昔では自動貼付機用に、何百枚もの切手を細長くつなげたものです。卑近なたとえですが、トイレットペーパーをイメージすると分かりやすいかもしれません。切手は通常、四方向に切り取り線(目打)がありますが、コイル切手は上の写真のような形状なので、上下の2ヵ所にしか切り取り線が無いのが特徴です。

コイル切手自体、このように説明しないと分かってもらえないほどのレアもので、希少価値があるのですが、写真の切手は、日本のコイル切手の中でも最も古いもので、日本初のコイル切手(ロール切手)として、逓信総合博物館のホームページでも紹介されているほどのレア切手なのです。((15)ロール切手のはじめ 1933(昭和8)年11月1日)

<DATA>
ホームページ:逓信総合博物館

みなさんのコレクションの中にも、コイル切手が含まれていないか、是非確認してみてください。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。